少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

大菱形筋

この記事の目次

大菱形筋の特徴

背骨(胸椎)と肩甲骨の内側をつなぐ、僧帽筋の深層にある菱形の筋肉。主に肩甲骨の内転・下方回旋を行う。

いわゆる「巻き肩」の人は、肩甲骨の間が広がって(外転位)肩関節が前に出ている状態で固まってしまい、菱形筋は固まりつつ弱っているという状態である。

肩関節の位置が整っていないと、プランクなどのアームバランスポーズでの安定性は失われてしまう。拮抗筋(肩甲骨外転を行う)である前鋸筋とともに柔軟性・筋力のバランスを整える必要がある。

テニスボールなどを使ってほぐしてから、ガルダーサナなどでストレッチし、肩を後ろへ引く動きを行って強化することで、肩関節を正しい位置に運ぶことができる。

≫大菱形筋の画像検索

大菱形筋の主な働き

  • 肩甲骨の内転(後退)
  • 肩甲骨の下方回旋
  • 肩甲骨の挙上

主な拮抗筋

肩甲骨の外転(前進)

  • 前鋸筋
  • 小胸筋

肩甲骨の上方回旋

  • 僧帽筋
  • 前鋸筋

肩甲骨の下制

  • 僧帽筋(下部)
  • 小胸筋

主な協働筋

肩甲骨の内転(後退)

  • 僧帽筋(中部)
  • 大菱形筋
  • 小菱形筋

肩甲骨の下方回旋

  • 大菱形筋
  • 小菱形筋
  • 小胸筋

肩甲骨の挙上

  • 僧帽筋(上部)
  • 肩甲挙筋
  • 大菱形筋
  • 小菱形筋

大菱形筋の起始・停止

起始

胸椎1〜4番の棘突起

停止

肩甲骨の内側縁下部

大菱形筋を鍛えるヨガポーズ・エクササイズ例

大菱形筋をストレッチするヨガポーズ・エクササイズ例

≫筋肉一覧へ戻る