少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× 記事を探す
プライベートクラスのご利用目的 ベスト5

プライベートクラスのご利用目的 ベスト5

どんな人が使っているの?プライベートクラス

フレアプラスはプライベートクラスをメインにしていますが、パーソナルトレーニングやプライベートレッスンといったものを受けたことがない方にとっては、どういう人が使っているのか、わりと謎なのではないかと思います。

「内容は自由」とはいえ、いざ自由を与えられた時、人はなかなか前に進めないもの(という哲学的な話をする記事ではないです。今回は。)。

というわけで、プライベートクラスを利用してみようかなと少し思っている方に、今までどのような目的でご利用いただいたかという例をいくつか挙げてみようかと思います。

プライベートクラスのご利用目的、ベスト5はこちらです。

1位:アーサナの正しいやり方・コツ・練習法を教わりたい

2位:他の人の視線を気にせずに教わりたい

3位:妊活・産前・産後や、怪我の後遺症があるなど、健康状態に合わせて無理なく教わりたい

4位:どんなヨガをやったらいいかわからない、自分の進むべき道を教わりたい

5位:初心者なので基礎からしっかり教わりたい

1位 アーサナの正しいやり方・コツ・練習法を教わりたい

YouTubeや本などで独学してヨガをやってみたり、スタジオやジムで習ったり、いろいろな状況でヨガを始める方がいますが、「ちゃんとできているのかな?」という違和感を持ちながら続けている方が多いようです。

なぜそんなことになるのかというと、ヨガのアーサナ(ポーズ)の多くは、「◯◯筋を鍛える・◯◯筋をストレッチする」といったピンポイントなものではなく、全身の調和を保ちながら正しい体の使い方を思い出していくヒントとなるものなので、「いろいろなところに効く代わりに、いろいろと気をつけないといけないポイントがある」という特徴があります。

≫ストレッチや筋トレと、ヨガポーズの関係性

そのため、先生が「とても重要なポーズです!難しいです!」と言っているにもかかわらず、やたらと簡単にそれっぽくできてしまって「これでいいのかな?」となるケースがとても多いようです。

正しいやり方をお教えすると、「こんなに難しいポーズだったのか!」と気づいてくれるのはうれしいのですが、もしそこで難しすぎてヨガをやめてしまったとしたら、それはもったいないことです。

できないポーズには、自分を変えていくためのヒントがたくさんつまっています。

根本的に自分を変えていくためには、レッスンを受けることだけではなく日々の生活の中でやってしまっている癖を変えていく必要があるので、日々行える練習法や、生活の中で実践できるコツなどを持って帰っていただくようにしています。

また、RYT200などの資格を取ったけれどアーサナの勉強をもっと深めたい、といったインストラクターの方もいらっしゃいます。その場合は、ティーチングのコツも含めてお教えするようにしています。

アーサナの種類としては、アシュタンガヨガのアーサナや、坐法を教わりたいという方が多いようです。(おそらく↓これらの記事のアクセスが多いせいかなと思います)

≫アシュタンガヨガ(ハーフプライマリー)のポーズ内容・順番
≫ヨガ・坐禅の「あぐら」のやり方

2位 他の人の視線を気にせずに教わりたい

ヨガは自分と向き合うことが重要なのですが、やはり周りの視線は気になるもの。

うまく見せたい、ヨガウェアもオシャレにしないといけない…といった雑念が入ってくると、なかなか深まりません(周りの視線がモチベーションにつながるという方は、それはそれで良いと思います)。

マンツーマンや、ご夫婦・ご家族などで気兼ねなくレッスンを受けたいという方はよくいらっしゃいます。

毎週や月2回など定期的に通っていただいている方や、他のスタジオにも通いつつたまにしっかり習いたいということで不定期で通っていただいている方もいます。

インストラクターの方や芸能人の方など、通っていることが他の人にバレたくない…という方などもプライベートクラスや出張クラスをご利用いただいています。

3位 妊活・産前・産後や、怪我の後遺症があるなど、健康状態に合わせて無理なく教わりたい

マタニティヨガはとても人気がありますが、どのポーズならやって大丈夫なのかといったところで不安もあるかと思います。

プライベートクラスでは、無理そうなポーズはやめておいたり、やってみたいポーズを入れたりといったことを自由に相談しながら進めることができます。

また、参加者の方全員が同じことをする必要もないので、産前の方と産後の方が一緒にレッスンを受けたり、ご夫婦で受けていただいたりといったこともありました。

怪我の後遺症がある方などは、左右あるポーズの形や回数を変えて行ったりといった調整を行うことができます。

(フレアプラスでは、オープンクラスでのマタニティクラスは今のところご用意しておりません)

4位 どんなヨガをやったらいいかわからない、自分の進むべき道を教わりたい

様々な情報が飛び交っていて、いろいろな種類のヨガもあって、どんなヨガをやったらいいのか分からないという方がご相談にいらっしゃいます。

あるいは、本当にヨガをやるのがいいのか、進むべき道はどっちなのかと漠然とした状態で相談したいという方もいらっしゃいます。

そういうときは、まず十分にお話をします。

体を動かすことは、ヨガの一部分にすぎません。もやもやした考えを手放して整理するという過程は、むしろヨガの本質です。

そしてヨガ以外にも様々な選択肢がありますので、テクニックに執着する必要はありません。私もいろいろなワザを研究して、自分の状態に合わせて組み合わせています。

進むべき道は、自分が一番よく分かっています。それを覆い隠している雑念を整理するための機会としていただければ良いかと思います。

そういえば、ただただ会話をして終わるだけのクラスも、結構ありました。

5位 初心者なので基礎からしっかり教わりたい

初心者だからなるべく安くて近いところで始めたい…という方も多いかと思いますが、初心者だからこそしっかり基礎を習いたいという方もプライベートクラスにいらっしゃいます。

基礎がわからないまま続けていって効果が得られなかったり怪我をしてしまったりするよりは、怪我もしにくく効果も高い正しいやり方を早い段階で身につけるほうが良いと思います。

目的に合わせて、相性の良い先生を探してみてください

私の記事を検索で見つけていただいて、遠方から来ていただく方もいらっしゃいますが、通いやすい場所で良い先生を見つけられるに越したことはありません。

ヨガの先生もそれぞれ得意分野が異なります。

プライベートレッスンの探し方は、普通のスタジオの探し方とはコツが異なりますし、プライベートレッスンが行われている教室自体も少ないかもしれませんが、いろいろな先生に教わってみて、相性の合う先生を探してみてください。

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。