中央区佃(月島・勝どき)のヨガ&ピラティススタジオ
少人数・プライベート・オンラインレッスン

ヨガ・ピラティス・瞑想関連記事を探す

セルフケア論

セルフケアの原則

病気や悩みの根因

  • 「偏り」が慢性化すると、病気などと呼ばれる症状として現れる。バランス感覚を保ち、偏らないように振る舞えば、症状は現れず、清々しく生きられる。
  • 無意識的に起こってしまう「偏り」は、すなわち心身の「癖」であり、根因は肉体だけでなく感情(欲望)や思考にもある。肉体だけに執着してはならない。
  • 「偏り」の根源は二元性である。物質世界にあるもの全ては、「偏り」によって存在し行動する。「偏り」の状態をつくりださなければ、一歩も歩くことはできない。また存在する限り、「有無」という二元性に囚われ続ける。物質世界は「分離」の極致であり、現代の社会は「勝ち・負け」「金を持っているか・持っていないか」という二元性に強く支配されている。しかし私達はこの世界に強いられて存在しているわけではなく、自ら選んで、いろいろなことを経験するために、そのような世界に生まれてきたということを忘れてはならない。
  • 偏りを正すには、下記のような「私」の層構造を理解し、高位の意識に焦点を置くと良い。心を用いて心を整えることはできない。より高位の魂に意識を置いて委ねることで、”自動的に”整っていく

「私」とはなにか

  • 「私」を現すものは、肉体だけではなく、層構造になり重なり合っている。
  • 形をもつ体としては、肉体・生気体(エーテル体)・感覚体(アストラル体)・意識体(メンタル体)・魂体(コーザル体)などが存在し、さらに高位には形をもたない意識が存在する。学派宗派によって呼び方や分類は様々であるが、ひとまず肉体だけに執着せず層構造を意識することは、心身の根本的なセルフケアにおいて重要である。
  • 各体は影響しあっていて、高位になるほど変化は速い。肉体が変わるのは少し時間がかかるが、心は良くも悪くも一瞬で変わる。便宜上「高位・低位」と称するが、それぞれが影響し合うので重要度に差はない。どこからでも偏り、どこからでも整う。

「私」の目的

  • どのように考えても良い。「今やるべきこと」にさえ”常に”気づいていれば。
  • なにかを経験するために、わざわざ不自由な分離の極致である肉体を持って生まれてきた。物質世界が生まれる前の、元々一つであったときには、愛し合うことすらできなかった。あるいは、愛など普通すぎて意識しないものだった。
  • 全てを楽しみ、全てに感謝し、全てを謙虚に経験とする。そのような姿勢で”常に”いられれば、二元性から脱し、清々しく生きることができる。

「偏り」の例

肉体の偏り例

  • 姿勢、重心などが偏る。
  • 同じ姿勢で居続けることで偏る。
  • スマホなど近距離・一箇所だけを見続けることで偏る。

気(生気体・エーテル体)の偏り例

  • 同じ方向・場所に意識を向け続けることで偏る。気は意に従う。
  • 同じ場所に居続ける、同じ人と関わり続けることで偏る。

感情(感覚体・アストラル体)の偏り例

  • 偏った好みを持ち続けたり、執着し続けたりすることで偏る。

思考(意識体・メンタル体)の偏り例

  • 思い込み、偏見などの思考の癖によって偏る。

偏りを解消する方法

魂より上の概念では、偏りがない。

そのため、各体の偏りを整えるには、魂に「意識の焦点」を置き、委ねる。

意識の焦点を正しく置くことで、各体は「自動的に」整っていく。「整えよう」などと思うと、それは雑念となって邪魔になる。

その具体的な方法として、「頭上に白蓮華を観想して、滴り落ちるしずくが各体を包み潤していくようにイメージする」といった方法がよく用いられる。

症状別セルフケア論

肩こりに関するセルフケア

肩こりの主な原因は、「姿勢が悪い」「不要な力みがある」「心のストレス、防衛反応」といったものがある。それぞれについて具体的に解説していく。
肩こりに関するセルフケアの詳細

眼精疲労に関するセルフケア

近視・乱視・老眼などの視力異常に関するセルフケア

うつ病に関するセルフケア

(執筆中、随時公開)

世代別セルフケア論

(執筆中、随時公開)

サイト内検索