中央区佃(月島)のヨガ&ピラティススタジオ
少人数・プライベート・オンラインレッスン

ご予約・お問い合わせ サイトマップ(目的別)
アシュタンガヨガの始めのマントラの正しい発音と意味を考察

アシュタンガヨガの始めのマントラの正しい発音と意味を考察

のばすところなどは、正確に唱えるようにしましょう

アシュタンガヨガのレッスンで最初に唱えるマントラについて、正しい発音と意味について考察してみます。

研究中のところもありますので、今のところわかっているところまでまとめておきます。

用語辞典:マントラ

この記事の目次

アシュタンガヨガ 始めのマントラ全文とカタカナ表記

オーム
om

ヴァンデー グルーナーム チャラナーラヴィンデー
vande gurūṇāṁ caraṇāravinde

サンダルシタ スヴァートマ スカーヴァボーデー
sandarśita svātma sukhāvabodhe

ニヒシュレーヤセー ジャーンガリ カーヤマーネー
niḥśreyase jāṅgalikāyamāne

サンサーラ ハーラーハラ モーハシャーンティエイ
saṁsāra hālāhala moha-śāntyai

アーバーフ プルシャーカーラン
ābāhu puruṣākāraṁ

シャンカ チャクラーシ ダーリナム
śankhacakrāsi dhāriṇam

サハスラ シラサン シュヴェータン
sahasra śirasaṁ śvetaṁ

プラナマーミ パタンジャリム
praṇamāmi patañjalim

オーム
om

アシュタンガヨガ 始めのマントラの発音のポイント

アシュタンガヨガのマントラの中に含まれる、サンスクリット語の発音には、日本語にはない特殊なルールがあります。

サンスクリット語の発音の全てをここに書くと長くなりますので、ひとまずこのマントラを唱えるために必要なところだけまとめておきます。言葉で説明するのは難しいですが、上記動画のパタビジョイス氏の実際のチャンティングを参考にしてください(繰り返して唱えている周りの人々の発音ではなく、パタビジョイス氏本人の発音を聴くと良いでしょう)。

サンスクリット語については私もまだまだ勉強不足なので、以下のサイトなどを参考にすると良いかと思います。

サンスクリット語の辞書(外部サイト)
サンスクリット語の発音解説(外部サイト)

サンスクリット語の母音

母音については、以下のようなポイントがあります。

  • 「a」「i」「u」は短く切る発音(短母音)で、「ā」「ī」「ū」は伸ばす発音(長母音)である。
  • 「o」と「e」は伸ばす発音(長母音)しかない。

歌のように唱えていくと、節の最後の母音は伸ばしたくなりますが、アとアーは別の意味になってしまうので、短く切るところは切って発音する必要があります。

ちなみに上記のルールから、本来は「ヨガ」ではなく「ヨーガ」と発音する、という話になります。

サンスクリット語の子音

子音については、以下のようなポイントがあります。

  • 「va」は「ゥワ」に近い発音をする。
  • 「s」は歯音(サ行の発音に近い)、「ṣ」は反舌音(ラを発音するような舌の形でサ行の発音)、「ś」は口蓋音(シャ行の発音に近い)で、それぞれ発音は異なる。
  • 「dh」「kh」は帯気(有気)破裂音で、ため息のような息を出しながら発音する。
  • 「ṇa」はラというようなつもりで「ナ」と発音する反舌音。
  • 「ṅ」は[ŋ]ngの音、軟口蓋鼻音。
  • 「ñ」はニャのような発音になる硬口蓋鼻音(このマントラではパタンジャリのンにしか登場しないのであまり目立たない)。

sの音の区別は特に難しいですが、dhやkhはそれほど難しくなく、そのあたりから気をつけるようにしていくとサンスクリット語っぽい発音になっていくので練習してみると良いでしょう。

「ṃ」と「ḥ」

ṃは日本語の「ン」とほぼ同じ。ḥは基本的に直前の母音の口の形のままで息を狭める発音で、iḥなら「イヒ」(ヒは息を出すだけのような発音)になります。

アシュタンガヨガ 始めのマントラの意味を考察

単語ごとに意味を調べつつ、全体の意味を考えてみます。

アシュタンガヨガ 始めのマントラ 単語ごとの意味

om:マントラの冒頭に唱えられる聖なる音

vande:称賛する

gurūṇāṁ:偉大な師

caraṇa:足

ravinda:蓮華

sandarshita:顕現する、見せる

sva:自己

ātma:真我

sukha:楽、歓喜

avabodha:理解する、感じ取る

niḥ:とても、完全な

śreyasa:幸福

jāṅgala:ジャングルの、野生の、文明的でない

(jāṅgali:蛇使い)

kāyamāna:草やわらで編まれた帽子、竹や葉で組まれた家、避ける(「シャーマン」「医師」などの訳が一般的だが、辞書には見当たらない)

(kāya:身体)

(māna:大きさ)

saṁsāra:輪廻

hālāhala:死に至る毒(毒をもつ植物や動物)

moha:迷妄

śāntyai:緩和する

ābāhu:?(辞書に見つからない言葉)

bāhu:腕(ābāhuは腕の近く、上半身と訳されることもある)

puruṣa:人間

ākāra:形

(puruṣākāra:力強さ、誇り)

śankha:巻き貝、ほら貝(「音」の起源を表す)

cakra:円盤(「無限」を表す)

asi:剣(特にシヴァ神の持つ剣、「識別」を表す)

dhāriṇam:持つ

sahasra:1000

śiras:頭

śveta:白色、銀色

praṇamāmi:礼拝する、ひざまずく

patañjalim:パタンジャリ

アシュタンガヨガ 始めのマントラ 全体の意味

ヴァンデー グルーナーム チャラナーラヴィンデー
vande gurūṇāṁ caraṇāravinde

偉大な師を讃え、その蓮華の御足に礼拝します。

サンダルシタ スヴァートマ スカーヴァボーデー
sandarśita svātma sukhāvabodhe

(師は)真我と歓喜を顕現させ、

ニヒシュレーヤセー ジャーンガリ カーヤマーネー
niḥśreyase jāṅgalikāyamāne

密林の医師(シャーマン)のように、完全なる幸福をもたらし、(←この節は特に研究の余地あり)

サンサーラ ハーラーハラ モーハシャーンティエイ
saṁsāra hālāhala moha-śāntyai

輪廻を繰り返す迷妄の毒から、解き放ってくださいます。

アーバーフ プルシャーカーラン
ābāhu puruṣākāraṁ

人間の姿をした身体の腕には、

シャンカ チャクラーシ ダーリナム
śankhacakrāsi dhāriṇam

聖なる音を発する法螺貝、無限の時を表す円盤、識別の剣を持ち、

サハスラ シラサン シュヴェータン
sahasra śirasaṁ śvetaṁ

千の輝く頭を持つ、

プラナマーミ パタンジャリム
praṇamāmi patañjalim

パタンジャリに礼拝します。

アシュタンガヨガ 始めのマントラの研究

前半部分の原典

このマントラの前半部分は、13〜14世紀のハタヨーガの教典、ヨーガターラーヴァリー(Yogatārāvalī)の冒頭の一節にあるようです。

しかし一箇所異なっている節があり、niḥśreyase(ニヒシュレーヤセー)の部分が、ヨーガターラヴァリーではjanasya ye(ジャナシャ イェー)となっています。

janasya:人物の

ye:(that)〜のような

パタビジョイス氏の著書「ヨガ・マーラ」にも、出典はヨーガターラーヴァリーであると書いてあるのに、なぜそこがniḥśreyase(ニヒシュレーヤセー)に変わったのか疑問です。そこについて言及している資料は、いまのところ見つかっていません。

その節については他にも、jāṅgaliとkāyamānaについての解釈が難しく、一般的に知られている「ジャングルのシャーマン」という「当時最も医術に長けていた存在」を示しているとされる解釈が正しいのか、研究の余地があるような気がしました。

jāṅgaliという語が「蛇使い」を表しているというのも、なんとなくクンダリニーを想起させるように思えます。ヨーガターラーヴァリーはハタヨーガの教典なので、ハタヨーガプラディピカーなどと同様にクンダリニーに関わる行法が内容に含まれています。

後半部分の原典

後半部分は、パタンジャリ氏への敬意を示す内容になっていますが、これはヨーガスートラのレッスンをする際に最初に唱えられることの多い伝統的なマントラの、後半部分が使われているようです。私もインドでヨーガスートラのレッスンを受ける際に唱えていました。このマントラ自体の起源はいまのところ不明です。

yogena cittasya padena vācāṁ

malaṁ śarīrasya ca vaidyakena

yopākarottaṁ pravaraṁ munīnāṁ

patañjaliṁ prāñjalirānato’smi

ābahu puruṣākāraṁ

śaṅkha cakrāsi dhāriṇam

sahasra śīrasaṁ śvetaṁ

pranamāmi patañjalim

引き続き研究中

このように細かいところをみていくと、アシュタンガヨガのマントラには、いくつか疑問の残るところもありました。

よくわからない部分があるのに唱えていただくのも気が引けるので、私は基本的にはレッスンでマントラは唱えてもらわないようにしています。

ただ、意味は置いておいて単に響きが好きだったり、レッスン前に唱えると気合が入るような感じがするといった人も多いので、ご希望があれば唱えるようにしています。

今後も研究を続けていきます。

参考文献

男性ヨガインストラクター 高橋陽介の写真

ご質問・ご相談されたいことなどございましたらご連絡ください。
月島白金高輪でのスタジオレッスン、企業向けレッスンオンラインプライベートレッスンを行っています。

LINELINEでのご質問などはこちら

スタジオ概要 スケジュール 料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。

サイト内検索

コラムを探すページへ