少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× 記事を探す
パリヴリッタトリコーナーサナ(ねじった三角のポーズ)〜骨盤矯正、体幹を強く柔軟に〜

パリヴリッタトリコーナーサナ(ねじった三角のポーズ)〜骨盤矯正、体幹を強く柔軟に〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

両足をしっかり踏みしめて、心と骨盤を真ん中に集めて

ねじった三角のポーズ、パリヴリッタトリコーナーサナ(パリヴリッタトリコナーサナ・パリヴリッタトリコーナアーサナ)

トリコーナーサナのねじったバージョンですが、足の置き方や骨盤の使い方が全く異なります。

パリヴリッタ(パリブリッタ・パリヴルッタ・パリブルッタ)は「ねじった」の意味。

この記事の目次

パリヴリッタ・トリコーナーサナの効果・注意点

バランス感覚を鍛え、骨盤まわりの筋肉を整えます。左右上下に偏った骨盤を矯正するために有効なアーサナです。ねじりを深めることで内臓を活性化します。

手を床に置く位置を変えることで、ねじりの度合いを調整できます。
無理にねじらず、気持ち良いところで止めて深い呼吸を通しましょう。

パリヴリッタ・トリコーナーサナのやり方

ドリシュティ(視点):挙げた手

(写真とは逆側の説明です)

1)ターダアーサナで立ち、骨盤の向きを正面に保ったまま、右足を90cmほどまっすぐ後ろに引きます。右足首は45°くらい斜めに、外側に開いて置きます。

2)吸いながら左手を頭上へ伸ばし、背骨・両脇もまっすぐ伸ばします。右手は腰にあてておきます。

3)吐きながら、骨盤の向きを保ち両膝を伸ばしたまま、右手を床またはブロックの上に置きます。気持ちよく呼吸が行える位置を選んで右手を置きましょう。Lv1:右足の親指側にぴったりブロックをつけて、その上に手を置く→Lv2:右足の親指側の床に手を置く→Lv3:右足の小指側にぴったりブロックをつけて、その上に手を置く→Lv4:右足の小指側の床に手を置く。

4)吸いながら背骨・両脇を伸ばしつつ上半身をねじり、左腕は鎖骨の延長上へ自然に伸ばしていきます。腕だけが先行して背中側に倒れたりねじれたりしないようにしましょう。目線は左手の先へ。

5)骨盤の位置を保ったまま5呼吸ほどキープし、吐く息と共にねじりを深めていきます。左のお尻が外に飛び出ないように、真ん中へ集めます

6)吸いながらねじりを解いて右手を空へ上げて起き上がり、吐きながら右手をおろして右足を前に戻してターダアーサナに戻ります。左側も同様に行います。

バリエーション

床に置く手の位置を変えてねじりの度合いを調整します。また、ブロックを置くことで難度を下げることもできます。

Lv1:右足の親指側にぴったりブロックをつけて、その上に手を置く

Lv2:右足の親指側の床に手を置く

Lv3:右足の小指側にぴったりブロックをつけて、その上に手を置く

Lv4:右足の小指側の床に手を置く。

シークエンス例

  • ヴィラバドラーサナⅠ、パールシュヴォッターナーサナなど、足の置き方が同じアーサナからスムーズにつなぐことができます。
  • 前足に体重を移し、後ろ脚を上げて、パリヴリッタアルダチャンドラーサナにつなぎます。

≫ヴィラバドラーサナⅠ(戦士のポーズⅠ)

≫パールシュヴォッターナーサナ

 

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金および遠隔で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な人の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。