少人数・パーソナル・プライベートヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

ローラーサナ(首飾りのポーズ)〜ジャンプバック・ジャンプスルーの練習〜

ローラーサナ(首飾りのポーズ)〜ジャンプバック・ジャンプスルーの練習〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

肩の安定・腰椎の柔軟性・腹筋の強さを連動させる

アシュタンガヨガのヴィンヤサで行われるジャンプバック・ジャンプスルーの練習としても重要なアームバランスポーズ、ローラーサナ(首飾りのポーズ・ローラアーサナ)。

この記事の目次

ローラーサナの効果

  • 前鋸筋の強化
  • 肩甲骨の歪みを整える
  • 肩こり改善
  • 腹筋の強化
  • 集中力UP

ローラーサナの禁忌・注意点

手首・肘・肩などを痛めている場合は避けましょう。

また、練習している時にそれらの部位に違和感がある場合は、アラインメントが崩れていたり、負担が偏っていたりする場合があります。そのまま続けると慢性的な痛みにつながりますので、正しいやり方を理解してから練習するようにしましょう。

ローラーサナのやり方

1)正座(ヴァジュラーサナ)の姿勢になります。両手を太ももの横の床にしっかりついて、少しお尻を上げてすねをクロスします。

2)吸いながら、手で床を押しながら膝を胸に引き寄せて、両脚を浮かせます。5呼吸ほどキープ。

3)吐きながら、ゆっくりヘリコプターのように脚を下ろして、すねのクロスを逆にして逆側も同様に行います。

4)終わったら、チャイルドポーズで休みます。

ローラーサナのコツ・練習法

まずは膝だけ持ち上げる形で練習

脚全体を持ち上げるのは難しい場合は、まず足の甲は床についた状態で、膝を持ち上げて胸に引き寄せる形でキープできるように練習しましょう。

肩のアラインメントが重要

他のアームバランスポーズと同様に、肩が正しい位置にあることが安定につながります。
肩をすくめず、肩甲骨を寄せないようにしましょう。肘はまっすぐにします。
その位置を保つためには、肩周りの筋肉や脇の筋肉(前鋸筋)が必要なので、繰り返し正しく練習していくことで正しい筋肉を少しずつ鍛えていきます。

下腹部の腹筋を使って、腰椎を丸める

恥骨を持ち上げる感覚、というのがつかみにくいかもしれませんが、とても重要です。ウディヤーナバンダとも呼ばれるテクニックですが、腹筋の強さとともに腰椎の柔軟性も必要です。
キャットアンドカウや、ピラティスのヒップロールズなどで腰椎の柔軟性と腹筋を強化しておきます。

≫キャットアンドカウ

≫ヒップロールズ

ジャンプバック・ジャンプスルーにおけるローラーサナポジション

ジャンプバックはダンダーサナ(長座)から、ジャンプスルーはダウンドッグからローラーサナの形を通るので、上記の正座からのやり方とは異なります。

≫ダンダーサナ

≫ダウンドッグ

≫チャトランガダンダーサナ

名前はジャンプとなっていますが、実際は「ジャンプ」しません

ピョンピョン練習しているとなかなかうまくならない上に怪我をしやすいので、あまり浮きつづけることは考えずにゆっくり正確な流れをたどって練習していくのが良いでしょう。

ジャンプスルーの流れ

ダウンドッグから、お尻を高い位置に保ちながら、片脚を曲げて膝を胸に・かかとをお尻に近づけます。もう片方の脚もしっかり曲げて、すねをクロスします。

理想的にはそのまま足を床につけないように膝を前へ送り出して、脚を伸ばしてヘリコプターのようにゆっくり着地し、ダンダーサナへ移行します。

ジャンプスルーの練習法

すねをクロスした時点で、足の甲をいったん床についても構いませんので、手で強く床を押しつつ腹筋を使って腰椎を丸めてお尻を前へ運び(床についた足はできるだけ持ち上げるように、ここがローラーサナの形です)、お尻が手の間あたりまで来たら、脚を前に伸ばしてダンダーサナへ移行します。

これらの流れを、足もお尻もつけずになめらかにつなげれば、「ジャンプしない」ジャンプスルーになります。

ジャンプはしないですが、お尻を高く保つのが重要です。

ジャンプバックの流れ

ダンダーサナから、手をお尻の前、できるだけ前の方に置いて、上半身を前に強く送り出しながらローラーサナを通って、チャトランガダンダーサナへ移行します。

下記の動きを一気に連動して行います。

1)まずは吸いながら、体全体を持ち上げる

  • 膝を胸に引き寄せ、かかとをお尻に引き寄せる
  • 肩を正しい位置に安定させた状態で、手で強く床を押し体全体を持ち上げる

2)なめらかにチャトランガダンダーサナへ移行

  • 腰椎を丸めて恥骨を持ち上げる
  • 上半身を前に送り出す
  • お尻を後ろ・上へと引く
  • お尻が浮いているうちに脚を伸ばしてチャトランガダンダーサナへ(肘を伸ばしたままでプランクポーズへ移行するやり方もあります)

ジャンプバックの練習法

体全部を持ち上げるのは難しい場合は、足は床においた状態でお尻だけを持ち上げる練習をしてみましょう。

  • 膝を胸に引き寄せ、かかとをお尻に引き寄せる
  • 肩を正しい位置に安定させた状態で、手で強く床を押しお尻を持ち上げる

そこから、足を少しずつ後ろに歩かせて、お尻を後ろに引いていきます。その間、肩は正しい位置を保ち、手は強く床を押し続けます。

お尻が腕よりも後ろに来たら、片脚ずつ後ろへ伸ばしてチャトランガダンダーサナへ移行しても良いです。

慣れてきたら、ここで一瞬足も浮かせてローラーサナの状態をつくってから、両脚を浮かせたまま後ろへ伸ばしてチャトランガダンダーサナへ移行します。

これらの流れを、足もお尻もつけずになめらかにつなげれば、「ジャンプしない」ジャンプバックになります。

≫アシュタンガヨガ(フルプライマリー)のポーズ内容・順番

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは東京都中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な人の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。