少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× レッスンスケジュール
チンムドラー・ジュニャーナムドラーの意味・違いに関する考察

チンムドラー・ジュニャーナムドラーの意味・違いに関する考察

意味を考えるのも楽しいけれど、「気分」が大事

ヨガのレッスンで、何気なく行っていることの多い、チンムドラー。

手の親指と人差指を結んで輪をつくり、中指・薬指・小指はまっすぐ伸ばすという形の「印(ムドラー)」です。

手のひらを上に向けた場合はチンムドラー、下に向けた場合はジュニャーナムドラーなどと呼ばれます。

「ジュニャーナ」は発音が難しいサンスクリット語で、ジニャーナムドラー・ギャーナムドラー・ニャーナムドラーなどと表記されることもあります。

これらのムドラーについて、考察してみます。

この記事の目次

ムドラーとは

ムドラーという言葉は、英語ではGesture(ジェスチャー)、Attitude(態度・姿勢)などと訳され、日本語では「印」と訳されることが多いです。

いろいろな宗教において様々なムドラーが存在し、チンムドラーや、いわゆる合掌(アンジャリームドラー)、瞑想で用いられる法界定印(コズミックムドラー)などがよく知られています。

手を使ったものだけではなく、体全体を使ったムドラーもたくさんあり、ハタヨーガプラディピカーにおいては第3章で最も長く扱われています。

≫ハタヨーガプラディーピカーの概要

体全体を使ったムドラーの意味としては、「アーサナ+バンダ+呼吸」を組み合わせた姿勢がムドラーであると考えられ、ハタヨーガの目的である、ナディ(体の中を通るエネルギーライン)の浄化、クンダリニーの上昇といったことを実現するために重要な役割を果たします。

≫バンダとは?(ムーラバンダ・ウディヤーナバンダ・ジャーランダラバンダ)

つまり形だけ真似するのではなく、バンダや呼吸も指定されているものに関しては、しっかりそれらも合わせて行いましょうということが示されています。

チンムドラー・ジュニャーナムドラーの効果、各指の持つ意味

親指と人差指に関しては、ほぼ決まった意味があるようです。

親指:宇宙意識(ブラフマン)
人差指:真我(アートマン)

ヨーガは元々、「つなぐ」「結ぶ」「合一」といった意味で用いられた言葉であり、目的は真我と宇宙意識の合一というところにありました。そのため、親指に向かって人差し指をつなぐという印がそのままヨーガを示すということです。

そういった宗教的な意味はいったんおいておくとして、体の中で輪をつくる姿勢というのは、通常は外に逃げてしまっていたエネルギーを内側にもどして巡らせることができるという効果があり、たとえばバッダパドマーサナやマリーチアーサナシリーズなどは、手をつなげたときにとても気持ちよさを感じます。

≫バッダパドマーサナ

≫マリーチアーサナC

これらのような難しいアーサナをやらなくても、最も簡単に輪がつくれるのがチンムドラー・ジュニャーナムドラーであるということでしょう。

親指と人差指の結び方に関しては、親指の腹に人差し指の爪を当てる形が簡単ですが、インドの哲学の先生が言うには人差し指の先端を親指の先端近くに接するようにするのが正式だということでした。そのほうが確かに合一してる感はあります。これは諸説あるようで、アーサナの先生は、親指の腹に人差し指の爪を当てる形でやっていて、サッチャナンダ氏のオレンジ本には図としてその形が描かれていて難しいバージョンとして先端を結ぶ形が説明されていました。

中指〜小指に関しては、主に下記の2つの説があるようです。

中指〜小指が、トリグナ(自然界の構成要素)を示す説

親指:宇宙意識(ブラフマン)
人差指:真我(アートマン)
中指:純粋性(サットヴァ・グナ)

薬指:動性(ラジャス・グナ)
小指:惰性(タマス・グナ)

ヨーガスートラが用いていたサーンキャ哲学(多元的二元論)によれば、真我と自然界は別のものであり、心や体も「自分」ではなく変化し続ける自然界の一部であると定義されています。

≫ヨーガスートラとは

自然界(プラクリティ)を構成するのがトリグナという要素であり、親指と人差指が表す「魂」的なものと、中指〜小指が表す「自然界」は別のものであるというサーンキャ哲学の考え方を想起させる気がします。

つまりヨーガスートラの世界をそのまま表しているようなものであり、ヨーガスートラのやり方に準じた瞑想を実践する場合には適したムドラーであると言えるのかもしれません。

中指〜小指が、手放すべきものを示す説

親指:宇宙意識(ブラフマン)
人差指:真我(アートマン)
中指:エゴ・我執

薬指:妄想・迷妄
小指:カルマ・業

親指と人差指はエネルギー的にループが生じていますが、それに対して外に向いている3本の指は、不要なものを外に排出するようなイメージを想起させるので、手放すべき要素をそれぞれの指に割り当てるという考え方が用いられることもあるようです。

上記の3本指の役割は一例で、微妙に異なる説も存在するようです。

チンムドラー・ジュニャーナムドラーの違いに関する考察

チン(Chin)はChittaを表し、これはヨーガスートラの最重要要素である「心」あるいは「意識」を表します。

ジュニャーナ(Jnana)は「直観智」を表します。

2つのムドラーについて、言葉としての意味の違いは説明されているのですが、どんな場合にどちらを用いるかということが説明されている文献がほとんど見つからなかったので、そのあたりについて考察してみようと思います。

ジュニャーナ・ヨーガの意味から考える

ヨーガの中には「ジュニャーナ・ヨーガ」と呼ばれるものがあり、ジュニャーナはいわゆる外から得られる知識とは全く異なる真理であり、元々備わっているはずの直観智であると定義されます。

ジュニャーナ・ヨーガで定義される直観智とは「不二一元論」であり、感覚器官で捉えられる自然界はすべて幻であって、実在するのは宇宙意識ブラフマンだけである、という真理です。

≫ヨガの大分類(ジュニャーナ・バクティ・カルマ・ラージャ)〜体を動かすヨガ・それ以外のヨガ〜

ジュニャーナ・ヨーガはその真理を悟ることが目的なので、道は短くまっすぐではありますが、とてもその一歩が難しいヨーガであると言われます。

ただその智は外から得られるものではなく、元々自分の内側、しかも最奥(アートマン)にあるものに備わっているとされるので、ジュニャーナムドラーは内側を向いているのかもしれません。

それに対して、チンムドラーは外側から何かを受け取っているような形をしており、その名の通り感覚を高めるために用いられるということなのかもしれません。

しかしヨーガスートラの主張するチッタヴリッティ(心の働き)を止滅するラージャ・ヨーガを行うとするなら、チッタが抑えられてこそジュニャーナに気づいていくということになります。

そのあたりに、チンムドラーとジュニャーナムドラーの使い分けのポイントがありそうです。

手のひらの向きによる感覚の違いから考える

ムドラーを組むかどうかに限らず、坐ったときに手のひらを上に向ける場合と下に向ける場合で、結構気分が変わるのが実感できると思います。

沖正弘氏の本によると、手のひらを上に向けると副交感神経を刺激するので体は弛緩する、下に向けると交感神経を刺激した体は緊張すると述べられていますが、これは人によって差があるかもしれません。

単純に体の癖として、巻き肩・猫背の人は、シャヴァーサナのときなども手のひらを下に向けがちになります。なのでそういった人は、手のひらを上に向ける形に慣れていったほうが、自然な姿勢に戻していくことができるでしょう。

ただ、あまり気にしすぎていると雑念が入ってくるので、瞑想に際しては心地よい方向に手のひらを向けて良いと思います。

チンムドラー・ジュニャーナムドラーの使い分けに関する考察まとめ

チンムドラーとジュニャーナムドラーのどちらを使うべきなのか?

意味を元に考えるなら、チャクラ瞑想を行っているときやアーサナをしているときなどの「感覚を研ぎ澄ませる」系の実践と合わせて行うならチンムドラー、「心の働きを止滅する」系の実践と合わせて行うならジュニャーナムドラー、というのも良いかもしれません。

≫アルダナタラージャーサナ

巻き肩や猫背を改善するための姿勢をとりたいのであれば、手のひらを上に向けてチンムドラーに慣れていくのが良いかもしれません。

ただ、結論としては「なんとなく気持ちいいほう」でいいと思います。

そしてチンムドラーやジュニャーナムドラーにこだわる必要もなく、なんとなく気持ちよくないと感じるのであれば、ヨガスタジオでみんながチンムドラーしていても、合わせてやる必要はないのです。

参考文献

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。