少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× アーサナ解説一覧
ハタヨーガプラディーピカー概説 3.6〜3.9 〜10種のムドラー〜

ハタヨーガプラディーピカー概説 3.6〜3.9 〜10種のムドラー〜

手を使ったムドラーが一般的だが、ハタヨーガにおけるムドラーとは

ハタヨーガの古典の中で、最も体系化されているとして重要視されているハタヨーガプラディーピカー

今回は、10種類のムドラーが示されている部分を紹介します。また、ムドラーとは何かということを考察してみます。

以下、日本語訳は「ヨーガ根本経典/佐保田鶴治」から引用しています。

この記事の目次

10種のムドラー

3.6 (一)マハー・ムドラー、(二)マハー・バンダ、(三)マハー・ヴェーダ、(四)ケーチャリー、(五)ウディーヤナ、(六)ムーラ・バンダ、(七)ジャーランダラ・バンダ、

3.7 (八)ヴィパリータ・カラニー、(九)ヴァジローリ、(十)シャクティ・チャーラナ。以上十のムドラーは老と死を無くするものである。

ここでは、ハタヨーガプラディーピカーで示されているムドラーの中で主な10種類が羅列されています。

ざっと内容を紹介すると、一〜三は体全体を用いたもの、四は舌を使ったもの、五〜七は現代ヨガのプラーナーヤーマやヴィンヤサヨガでも用いられるバンダ(特定の箇所を締め付ける・意識を集中する技法)、八は現代ヨガで行われる逆転ポーズで体全体を用いたもの、九 ・十については教典によってもかなり内容が異なるので、後ほど扱うことにします。

参考:3つのバンダについて

ムドラーという語は日本語では「印」「印相」などと訳され、現代ヨガではチンムドラーやアンジャリームドラーのような手を使ったものだけが一般的になっていますが、これらのリストを見てみると、体の様々な部分を使って印相を表していることがわかります。

参考:チンムドラー・ジュニャーナムドラーの意味・違いに関する考察

ムドラーとは何か

合掌(アンジャリームドラー)や法界定印などのように仏教でも行われていたり、アニメなどで臨兵闘者皆陣烈在前(九字の印)が用いられたりもしますが、これらは手を使った印です。

それに対して、ハタヨーガで示されている印の中にはむしろ手を使ったものはなく、体の様々な部分を使ったり、イメージを使った瞑想法のようなものもあったります。

ではムドラーとは何なのか、なぜ重要とされるのか?

ムドラーとは、

  • アーサナ(姿勢)
  • バンダ(特定の箇所の締め付け・意識の集中)
  • プラーナーヤーマ(呼吸)

を組み合わせたものであると説明されることがあります。(バンダ自体もムドラーの中に含まれることがあり、そのあたりの分類は曖昧ですが)

さらに、イメージに関するムドラーも存在することから、心も一点に定まっている状態と言えるでしょう。たとえばゲーランダサンヒターには、〇〇・ダーラナー・ムドラーという名前のものが5つ記されています。ダーラナーとは、アシュターンガ(八支則)における六段階目、「集中」であり、体に関するものではなく、より内的な段階を示しています。

つまり、手を使った印を用いる場合も、たとえば慈しみを込めて合掌したりといったように、ただ形を真似るだけでなく心の集中も伴った上で行わなければ「印」とは言えないのでしょう

このように捉えると、アーサナやプラーナーヤーマといった技法の集大成がムドラーであり、ハタヨーガを完成させるためには確かに重要なものと思われます。

このあと、各ムドラーの方法や効果の説明に入っていきます。

≪(前の記事)ハタヨーガプラディーピカー概説 3.1〜3.5 〜ハタヨーガの原理〜

参考文献

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。