少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× 本日20:00〜 ヨガ ベーシック
ワイルドシング(カマトカラーサナ)〜胸を開き呼吸を深め、肩こり改善〜

ワイルドシング(カマトカラーサナ)〜胸を開き呼吸を深め、肩こり改善〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

胸を開き呼吸を楽に、肩こり改善、心もオープンに

欧米の方が好んで行うイメージのあるパワフルなポーズ。

カマトカラは「驚き」「奇跡」といった意味。

この記事の目次

カマトカラーサナ(ワイルドシング)の効果

  • 胸を開き、呼吸を楽に、心もオープンに
  • 肩こり改善
  • 体幹強化

カマトカラーサナ(ワイルドシング)の禁忌・注意点

手首・肘・肩などを怪我している場合は行わないようにしましょう。
また、怪我を避けるため、十分に体が温まってから行うようにします。

カマトカラーサナ(ワイルドシング)のやり方

1)ダウンドッグをします。左足の外側(小指側)を床につけるように体を右側に開いていき、右足・右手を浮かせます。

≫ダウンドッグ(アドムカシュヴァナーサナ)

2)ゆっくり全身を右側に開いていき、左足はつま先を頭と反対方向へ向けて床につけます。右脚は膝を曲げて足をマットの少し外におろします。

3)左足と右手を反対方向へひっぱり合うように、右手は頭の先へのばしていきます。右手のひらの向きは、いくつかパターンがありますが上向きがおすすめです。

4)胸・顔も上へ向けていき、全身が弓形になるように胸を開きます。5呼吸キープ。

5)胸を床のほうへ戻しながら右足を浮かせて、左脚をまたぎ越して床へ戻り、ダウンドッグへもどります。反対側も行います。

シークエンス例

カマトカラーサナ(ワイルドシング)のコツ・練習法

逆さまになりますが、あわてないように、まずは土台をしっかりつくります。

床についている手は、肩の位置を崩さないように肩甲骨を寄せて胸を開き、肩を下げて脇の筋肉をつかって支えます。

曲げている足は足裏4点でしっかり支え、伸ばしている足は、挙げている手とひっぱり合うように遠くへ伸ばします。曲げている足でつま先立ちするバリエーションもありますが、まずは足裏でしっかり支える形から練習しましょう。

胸を開いて、首は気持ち良い範囲で反らし、全身を弓形に後屈していきます。

床についている手の使い方は、ヴァシシュターサナで練習すると良いでしょう。

≫ヴァシシュターサナ(サイドプランク)

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金および遠隔で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な人の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。