少人数・パーソナル・プライベートヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

クルマーサナ(亀のポーズ・クールマーサナ)〜股関節・骨盤・肩を正しい配置に整え、柔軟性を高める〜

クルマーサナ(亀のポーズ・クールマーサナ)〜股関節・骨盤・肩を正しい配置に整え、柔軟性を高める〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

崩れやすい骨盤・肩の左右バランス、整えていくと、自然におさまっていく

骨盤や肩の癖を整える、クルマーサナ(クールマーサナ・クルマアーサナ)

普通の開脚前屈(ウパヴィシュタコーナーサナ)とは違い、脚の幅はせまく、肩をはさむようにします。

この記事の目次

クルマーサナの効果

  • 肩周り・骨盤周りの歪みを改善
  • 肩こりの改善
  • ハムストリングスの柔軟性UP
  • 大腿四頭筋の筋力UP
  • 体幹の筋力UP
  • 心身のリラックス

クルマーサナの禁忌・注意点

ハムストリングスの柔軟性が足りない場合は、膝を曲げて行いましょう。

クルマーサナのやり方

1)両手を床に、肩幅より少し広めの幅に置いて、腕の外側から脚をまわして、足を手の前に置きます。肩をしっかり脚の下に入れます。
(慣れてきたら)ダウンドッグから、吸いながらジャンプして、足を床につけずに、脚を腕の外側に巻きつけるようにしてポーズに入ります。

2)両手で体を支えながらゆっくりお尻を床に置き、脚を前方へ伸ばしていきながら前屈し、腕を斜め後方へ伸ばします。可能であればひたいかアゴを床におろします。

足の間は肩幅より少し広い程度にし、太ももで肩をはさむようにします。
(慣れてきたら)腕を真横へ伸ばすようにしていきます。お腹のインナーマッスルを使って股関節を引き込み、脚を強く伸ばしてカカトを持ち上げます。

3)カカトを床につけて膝を曲げ、腕を脚の下から抜き、仰向けになって休みます。
アシュタンガヨガの場合は、このあとスプタクルマーサナへ移行します。

(スプタクルマーサナを行わずに、ハーフヴィンヤサへつなぐ)
脚は肩に近い位置に乗せたまま、両手を太ももの間の床に置き、吸いながら床を強く押してお尻を持ち上げて脚を伸ばし、ティッティバーサナの形になります。

吐きながら膝を曲げてバカーサナの形になり、一度吸って、吐きながらジャンプバックしてチャトランガダンダーサナへ移行します。

クルマーサナのコツ・練習法

脚のアラインメント

脚は開きすぎず、マット幅ぐらいか少し広めくらいを目安にします。ブジャピーダーサナやティッティバーサナのように、できるだけ肩に近い位置に脚を置くようにします。

膝から下は内回しするように遠くへ伸ばします。足首は完全に曲げるよりは少しゆるんでいる状態です。

股関節・骨盤の使い方

骨盤を広く、大腿骨を外回ししながら後方へ引きつつ、内側へ肩を挟むように使います(外旋+内転)。

肩のアラインメント

肩をすくめないように、胸も背中もせまくなりすぎないように、左右均等に保ちます。

カカトを浮かせるコツ

腕を真横へ伸ばし、肩をすくめないようにします。
脚は開きすぎず、肩になるべく近い位置へ乗せます。
ひたいかアゴをできるだけ遠くの床へおろすように、お腹を強く引き締めて背中を伸ばします。

シークエンス例

  • アシュタンガヨガでは、このあとスプタクルマーサナへつなぎます。
  • パスチモッターナーサナやウパヴィシュタコーナーサナなど前屈ポーズでハムストリングスを柔軟にしてから行うと良いでしょう。
  • ティッティバーサナなど、肩の近くに脚を乗せるポーズの良い練習になるので、クルマーサナのあとにこれらを行っても良いでしょう。

≫アシュタンガヨガ(フルプライマリー)のポーズ内容・順番

≫パスチモッターナーサナ

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは東京都中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な人の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。