少人数・パーソナル・プライベートヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

ウパヴィシュタコーナーサナ(ウパヴィシュタコーナアーサナ・坐位の開脚前屈)〜X脚・O脚を改善し、股関節を正しく回す〜

ウパヴィシュタコーナーサナ(ウパヴィシュタコーナアーサナ・坐位の開脚前屈)〜X脚・O脚を改善し、股関節を正しく回す〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

顔を地面に近づけることに執着せず、背中をまっすぐにして骨盤を動かす

「開脚本」が売れる世の中、やりたい人の多い開脚前屈、ウパヴィシュタコーナーサナ(ウパヴィシュタコーナアーサナ・ウパヴィシュタコナーサナ)

ウパヴィシュタは「坐った」、コーナ(コナ)は「角」の意味。

この記事の目次

ウパヴィシュタコーナーサナの効果

  • ハムストリングスのストレッチ
  • 股関節の柔軟性UP
  • 腹筋・背筋の強化
  • 消化器系の活性化
  • X脚・O脚の改善

ウパヴィシュタコーナーサナの禁忌・注意点

ハムストリングスの柔軟性が足りない場合は、膝を曲げて行うか、お尻の下にたたんだ毛布などを敷いて行いましょう。

ウパヴィシュタコーナーサナのやり方

ドリシュティ(視点):鼻先→上

1)長座(ダンダーサナ)で坐ります。

2)脚を90〜120°開きます。

3)両手で足の外側か、足の親指をつかんで、吐きながら前屈します。5呼吸キープ。

4)(通常の終わり方)吸いながら起き上がり、長座に戻って脚を少し揺すってリラックスします。
(アシュタンガヨガの場合)吸いながら起き上がり、脚を開いたまま持ち上げてV字の形になり、目線は上へ、坐骨で全身を支えながら5呼吸キープします。

5)(アシュタンガヨガの場合)吐きながら脚をそろえて床に下ろし、手を床に置き、ジャンプバックしてハーフヴィンヤサにつなぎます。

ウパヴィシュタコーナーサナのコツ・練習法

骨盤を前に倒して、重力を味方にする

骨盤が後ろに倒れていると、なかなか進むことが出来ません。
まずは膝を曲げて行うか、お尻の下にたたんだ毛布などを敷いて行いましょう。

ハムストリングスは気持ち良い伸びが感じられる程度に膝の角度を調整し、骨盤を前に倒すことに集中します。

背中をまっすぐにする

頭を下にさげようとして、背中がまるまってしまうと股関節が十分に動きません。
背中はできるだけまっすぐを保ち、胸を遠くの床へ下ろしていくようにします。

膝と足の人差し指を同じ向きにする

X脚(膝が内に向いている)やO脚(膝が外を向いている)の状態で前屈を深めていくと、膝の内側・外側を痛めることがあります。
股関節を回して、膝と足先が同じ方向に向いている状態を保ちながら、骨盤を前傾させましょう。

シークエンス例

  • アシュタンガヨガではこのあとスプタコナーサナにつなぎます。
  • ジャーヌシルシャーサナ、パリヴリッタジャーヌシルシャーサナなどの片脚前屈を準備として行うと効果的です。

≫スプタコナーサナ

≫ジャーヌシルシャーサナA

≫パリヴリッタジャーヌシルシャーサナ

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは東京都中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な人の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。