少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× 記事を探す
パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナ(パリヴリッタパールシュヴァコナーサナ・ねじった体側を伸ばすポーズ)〜太もも裏とウエストをシェイプアップ〜

パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナ(パリヴリッタパールシュヴァコナーサナ・ねじった体側を伸ばすポーズ)〜太もも裏とウエストをシェイプアップ〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

落ち着いて足元を安定させてから、深くねじる

ねじる前にバランスも難しいですが、落ち着いて足元から整えていきましょう。

この記事の目次

パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナの効果・注意点

パールシュヴァコーナーサナヴィラバドラーサナⅡと同じように脚を大きく開きながら全身を支えるので、太もも裏を鍛えます。加えて大きくねじるため、上半身のシェイプアップ・くびれにもつながります。

バランスを保ちながら、倒れない範囲でゆっくりねじっていきましょう。

パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナのやり方

ドリシュティ(視点):挙げた手

1)ターダーサナで立ちます。左脚を後ろに大きく引いて、まず膝をつきます。右脚は曲げます。

2)吐きながら上半身を右へねじり、左手を右足の外側に置きます。左肘はしっかり右膝の外側にひっかけられるように、十分上半身をねじります

3)右腕は耳に沿わせて頭上へ伸ばし、目線は右脇の下から空を見上げます。この形で安定したら、左脚を伸ばし、左足を45°くらいの角度に開いてカカトを床に下ろします。ねじりを深めながら、5呼吸キープ。

4)吸いながらねじりをほどき、上半身を立たせ、左足を前に戻してターダーサナへ戻ります。反対側も同様に行います。

シークエンス例

パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナの練習法・コツ・バリエーション

バランスが難しく、むりにねじると倒れて怪我をしてしまうので、まずは合掌してツイストしたランジポーズから練習しましょう。

後ろの足の置き方は、カカトを置かずにランジポーズのようにつま先立ちにしたほうがバランスを取りやすい場合があります。

たくさんねじるよりもまずは足元の安定からつくっていきましょう。

≫アシュタンガヨガ(ハーフプライマリー)のポーズ内容・順番

≫パールシュヴァコーナーサナ

≫パリヴリッタトリコーナーサナ

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金および遠隔で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な人の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。