少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× 記事を探す
パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナ(ねじった体側を伸ばすポーズ)〜太もも裏とウエストをシェイプアップ〜

パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナ(ねじった体側を伸ばすポーズ)〜太もも裏とウエストをシェイプアップ〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

落ち着いて足元を安定させてから、深くねじる

アシュタンガヨガで序盤に出てくる難関立位ポーズ。

バランスも難しいですが、落ち着いて足元から整えていきましょう。簡単バージョンも紹介します。

この記事の目次

パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナの主な効果

  • 体幹周りの筋肉強化、シェイプアップ
  • ハムストリングス強化
  • 内転筋強化
  • バランス感覚・集中力UP

パールシュヴァコーナーサナヴィラバドラーサナⅡと同じように脚を大きく開きながら全身を支えるので、太もも裏を鍛えます。加えて大きくねじるため、上半身のシェイプアップ・くびれにもつながります。

パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナの禁忌・注意点

ふくらはぎ・太ももの筋肉、骨盤周りの筋肉などを痛めている場合は避けましょう。

下半身の安定性や、ねじりの柔軟性が足りない場合は、アシュタンガヨガの流れの中から省いて練習することがあります。マリーチアーサナCなどでねじりを深める練習を十分にしてから、流れの中に入れるようにします。

バランスに不安がある場合は、壁のそばなどで練習しましょう。

≫マリーチアーサナC

パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナのやり方

ドリシュティ(視点):挙げた手

1)ターダーサナで立ちます。左脚を後ろに大きく引いて、まず膝をつきます。右脚は曲げます。

2)吐きながら上半身を右へねじり、左手を右足の外側に置きます。左肘はしっかり右膝の外側にひっかけられるように、十分上半身をねじります

3)右腕は耳に沿わせて頭上へ伸ばし、目線は右脇の下から空を見上げます。この形で安定したら、左脚を伸ばし、左足を45°くらいの角度に開いてカカトを床に下ろします。ねじりを深めながら、5呼吸キープ。

4)吸いながらねじりをほどき、上半身を立たせ、左足を前に戻してターダーサナへ戻ります。反対側も同様に行います。

パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナを深める方向性

  • 後ろ脚の使い方を変えて、難易度を調節しながら進めていく(足はつま先立ちで膝をつく→膝を伸ばす→足をナナメ45°に開いて足裏を床につく)。
  • 前脚をなるべく深く曲げていく。
  • ねじりを深めていく。

パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナのコツ・練習法

後ろの足の置き方は、膝をついて練習してみたり、カカトを置かずにランジポーズのようにつま先立ちにして練習するのも良いでしょう。

バランスが難しく、むりにねじると倒れて怪我をしてしまうので、まずは合掌してツイストしたランジポーズから練習しましょう。

≫ツイストランジ

たくさんねじろうとするよりも、まずは足元の安定からつくっていきましょう。

シークエンス例

≫パールシュヴァコーナーサナ

≫パリヴリッタトリコーナーサナ

≫バッダ・パリヴリッタ・パールシュヴァコーナーサナ

アーサナ名の表記バリエーション

【日】パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナ、パリヴリッタパールシュヴァコナーサナ、パリヴリッタパールシュヴァコーナアーサナ
【梵】Parivrtta Parsvakonasana
【英】Revolved Side Angle Pose

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な方の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。