少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× > 記事を探す
バッダパリヴリッタパールシュヴァコーナーサナ(背中で手をつないでねじった体側を伸ばすポーズ)〜ねじりとバランス・体幹とハムストリングスの強化〜

バッダパリヴリッタパールシュヴァコーナーサナ(背中で手をつないでねじった体側を伸ばすポーズ)〜ねじりとバランス・体幹とハムストリングスの強化〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

体全体をコンパクトにして力まないように、深くねじる

パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナの続き。かなり深いねじりと、バランス感覚が必要になります。

≫パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナ

バッダは「つかんだ・とらわれた」、パリヴリッタ(パリヴルッタ)は「ねじった」、パールシュヴァは「側面」、コーナ(コナ)は「角」の意味。バッダパリヴルッタパールシュヴァコナーサナなどとも表記されます。

この記事の目次

バッダパリヴリッタパールシュヴァコーナーサナの主な効果

  • 体幹・ハムストリングスを強化
  • 肩甲骨を寄せて胸を開き、肩こりを改善
  • ねじりによって内臓を刺激し、消化を良くし、お腹周りをすっきりさせてくびれをつくる
  • バランス感覚・集中力UP
  • 骨盤調整

バッダパリヴリッタパールシュヴァコーナーサナの禁忌・注意点

パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナに慣れてから、トライしましょう。

バランスに不安がある場合は、壁の近くなどで練習します。

バッダパリヴリッタパールシュヴァコーナーサナのやり方

1)パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナを行います。上の腕を背中にまわし、手の甲を腰にあてるようにします。肩甲骨を寄せて胸を開き、上腕と背中の間のスキマをなるべく埋めるように、ぴったりと巻きつけます。

2)吸う息でお腹を細く長く、肋骨を引き上げるようにして深く胸をねじってから、下の手を脚の間から通し、上の手をつかみます。

3)上半身が外へ倒れないように、全身を真ん中へコンパクトに集めます。5呼吸キープ。

4)吸いながら手を離してねじりを解き、パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナを経由してターダーサナへ戻り、逆側も行います。

バッダパリヴリッタパールシュヴァコーナーサナを深める方向性

  • ねじりを深め、体幹が骨盤側に倒れないように胸を横へ開く。
  • 前脚の膝を深く曲げて、低い姿勢を保つ。

バッダパリヴリッタパールシュヴァコーナーサナのコツ・練習法

かなり深いねじり(胸椎の回旋)の柔軟性が必要なので、アルダマツェンドラーサナマリーチアーサナCなどのねじりポーズを練習してからトライしましょう。

骨盤が偏っていると、片側しかうまくいきません。その場合は、半蓮華座ヴィラバドラーサナⅠヴィラバドラーサナⅡなど左右の骨盤を整えるポーズもあわせて練習しておくと良いです。

アルダマツェンドラーサナは正しく行うと骨盤を整える効果もあるので、ねじりの動きも合わせて練習でき、とても良い準備ポーズになります。

バランスが取りにくい場合は、後ろ脚の膝をついた状態で、ねじり→手をつなぐところまで行ってから、後ろ脚を伸ばします。

背骨のねじりは、端から丁寧に始めてみるとスムーズに行える場合があります。
首の一番上の骨から、ひとつひとつねじっていくイメージで、首を傾けずに真横へ向けていくのを動作の始まりにしてみる、ということを試してみましょう。あるいは逆に、背骨の下から順番にひとつひとつねじっていくのを正確にイメージしながら行ってみます。

呼吸は深い胸式呼吸、肋骨と骨盤の間を細く長く広げながらねじっていきます。

≫アルダマツェンドラーサナ

≫ヴィラバドラーサナⅠ

≫パールシュヴァコーナーサナ

シークエンス例

アーサナ名の表記バリエーション

【日】バッダパリヴリッタパールシュヴァコーナーサナ
【梵】Baddha Parivrtta Parsvakonasana
【英】Bound Revolved Side Angle Pose

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な方の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。