少人数・パーソナル・プライベートヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

セツバンダーサナ(橋のポーズ・セートゥバンダーサナ)〜首を正しく反らせて、胸・みぞおちを伸ばす〜

セツバンダーサナ(橋のポーズ・セートゥバンダーサナ)〜首を正しく反らせて、胸・みぞおちを伸ばす〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

難しいほうの「橋のポーズ」、首を深く反らすと、胸も心も開いていく

体の前面・背面のバランスを整える後屈ポーズ、セツバンダーサナ(セートゥバンダーサナ・セツバンダアーサナ)

セツは「橋」、バンダは「ロックする」の意味。

別の「橋のポーズ」、セツバンダサルヴァンガーサナに比べて、とても難しいポーズです。

≫セツバンダサルヴァンガーサナ

この記事の目次

セツバンダーサナの効果

  • 体の前面・背面の筋力バランスを整える
  • 背骨の歪みを整える
  • 体幹の筋肉の強化
  • 腹筋・胸の筋肉など体の前面の筋肉をストレッチ
  • 太もも前の筋肉を強化
  • 集中力UP

セツバンダーサナの禁忌・注意点

首・背中などを痛めている場合は避けましょう。

首に痛みや不安を感じる場合は、下記のやり方をいきなり行わず、手を床に置いた形やお尻を持ち上げずに頭頂を床につく形などの簡単バージョンを選びましょう。

セツバンダーサナのやり方

ドリシュティ(視点):鼻先

1)仰向けになります。

2)両膝を曲げて、ひし形を作るように股関節を外回しして膝を外に開き、カカト同士をくっつけて足の外側を床につけます。腕を胸の前でクロスして、手は反対側の肩の前におく形になります。

3)吸いながら脚を伸ばし、胸を斜め上(頭の上の方)へ持ち上げて、首の後ろが詰まらないように伸ばしながら頭頂を床につけます。足裏が床に向くように脚を内回ししながら伸ばします。5呼吸キープ。

4)吐きながら、胸を斜め下(足の方)へ下ろして後頭部を床に戻し、脚を伸ばして仰向けの状態にもどって休みます。アシュタンガヨガではこのあとチャクラーサナで抜けます。

≫チャクラーサナ

セツバンダーサナのコツ・練習法

首に不安がある場合は、手を床に置いた形や、お尻を床に置いた形などで練習します。

最大のポイントは、首の後ろが詰まらないようにすることです。
胸・首の背骨全体を伸ばすようにしながら、体全体で強いアーチ構造をつくります。

体の前側を伸ばす動きは、アップドッグコブラマツヤーサナウッターナパダーサナなどで練習します。

シークエンス例

≫ウルドゥヴァダヌラーサナ

≫アシュタンガヨガ(フルプライマリー)のポーズ内容・順番

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは東京都中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な人の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。