少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× 記事を探す
セツバンダーサナ(シヴァナンダヨガ版・橋のポーズ)〜腰を気持ち良くマッサージ、背骨と骨盤を整える〜

セツバンダーサナ(シヴァナンダヨガ版・橋のポーズ)〜腰を気持ち良くマッサージ、背骨と骨盤を整える〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

後屈の柔軟性に応じて手の位置を調整し、気持ち良く腰に圧がかかるように

同じ名前で形の異なるポーズがいくつかありますが、これはシヴァナンダヨガやインド伝統のハタヨガでよく行われる橋のポーズ、セツバンダーサナ(セートゥバンダーサナ)

アシュタンガヨガのセツバンダーサナはこちら。
≫セツバンダーサナ(セートゥバンダーサナ)

セツ(セートゥ)は「橋」、バンダは「ロックする」の意味。

この記事の目次

セツバンダーサナの効果

  • 背骨の歪みを整える
  • 骨盤矯正
  • 消化器系を活性化
  • 生殖器系を活性化
  • 首肩こりの改善
  • 腹筋・背筋の強化
  • 胸の筋肉をストレッチ
  • ハムストリングスの筋肉を強化

セツバンダーサナの禁忌・注意点

手首や肘を痛めている場合は、セツバンダサルヴァンガーサナなど別の後屈ポーズに替えましょう。

ポーズ中は首を左右にふらないようにしましょう。首はまっすぐ、鼻先は空へ向けます。

≫セツバンダサルヴァンガーサナ

セツバンダーサナのやり方

仰向けから行うやり方は、セツバンダサルヴァンガーサナとほぼ同じなので、ここではサルヴァンガーサナ(肩立ち)から行うやり方を紹介します

≫サルヴァンガーサナ(肩立ち・ショルダースタンド)

1)仰向けから、サルヴァンガーサナ(肩立ち)の形になります。

2)片脚は上に残したまま、もう片方の脚を床へ下ろしていきます。膝は90°に曲げ、つま先からゆっくり床に足を下ろし、かかとも下ろします。このとき上半身を背中側に傾けていきますが、手首が痛いようであれば、手で支える位置を腰からお尻の方へ移してから上半身を傾けていきます。一気に下りると手首を怪我するので気をつけましょう。

3)上げていた脚もゆっくり床へ下ろし、足の間・膝の間はこぶし1〜1.5個ぶんになるようにして、ガニ股にならないようにして強く足の内側で床を押します。

4)骨盤は後傾方向へ回しながら(坐骨を膝の方へ向けながら)みぞおちから上の胸の骨を反っていき、アゴを鎖骨の間にくっつけるようにします。5〜10呼吸ほどキープ。

5)片脚を上へあげて、もう片方の足も床を蹴って上に戻し、肩立ちの形に戻ります。

6)背骨の上の方からゆっくり床へ背中を下ろしていき、仰向けで休みます。

セツバンダーサナのコツ・練習法

手首の位置に気をつけながら、ゆっくり下りる

脚を一気に下ろして上半身が背中側に倒れると、手首を痛めることがあります。
ゆっくり下ろしながら、手首がきつくなってきたら手の位置をお尻のほうへ移します。

いったん下りてから、後屈が深まってきたら再び手を腰の方へ移していきます。

ガニ股にならないようにする

股関節を外回ししてしまうと、仙骨が圧迫されるので腰痛につながり、かつ柔軟性も下がります。太ももを平行に保ちながら、脚をおろしていくようにします。

腰を反らせないようにする

ブジャンガーサナ(コブラ)などの後屈ポーズと同様に、腰を反らせて圧迫しないように気をつけます。腹筋を使って骨盤は後傾方向へ回します。

主に反っているのはみぞおち〜胸です。呼吸は「吸う」ときに胸の骨が持ち上がるので、吸う息で深め、吐く息のときは姿勢をキープし、だんだん後屈を深めていきます。

シークエンス例

  • このあとマツヤーサナへつなぎ、圧迫していた喉を解放します。
  • 手を腰から離して、足首をつかんで、カンダラーサナにつなぎます。
  • チャイルドポーズやパスチモッターナーサナなどの前屈ポーズを行って、背中を伸ばします。

≫マツヤーサナ(魚のポーズ)

≫カンダラーサナ

≫チャイルドポーズ(バラーサナ)

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金および遠隔で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な人の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。