少人数・パーソナル・プライベートヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

マツヤーサナ(魚のポーズ・マツヤアーサナ)〜首・胸の前を伸ばし、心を開いてストレス解消〜

マツヤーサナ(魚のポーズ・マツヤアーサナ)〜首・胸の前を伸ばし、心を開いてストレス解消〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

座り仕事の人・猫背・ストレートネックの方に、体の前面を解放しストレス解消

リラックスヨガなどで人気のある仰向けポーズ、マツヤーサナ(マツィアーサナ・マッツヤーサナ)

マツィは「魚」の意味。

この記事の目次

マツヤーサナの効果

  • 首・肩こりの改善
  • ストレートネックの改善
  • 胸の筋肉をストレッチ、呼吸を深める
  • ストレス解消
  • 消化器系の活性化、便秘の改善

マツヤーサナの禁忌・注意点

首・背中・腰を痛めている方、高血圧・低血圧の方、めまいのする方は避けましょう。

ブレスレットなどは外しておきましょう。

ポーズから抜ける際に首を痛めないように、下記のやり方を最後まで読んでから行ってください。

マツヤーサナのやり方

1)仰向けになります。手のひらを床に向けて、お尻の下に手を入れます。

2)肘を内側に寄せながら曲げて床を押し、上半身を持ち上げます。

3)胸椎と頚椎を気持ち良い範囲で反らしながら、頭頂を床にそっと下ろします。最初は肘にほとんどの体重をあずけておき、頭にかける体重は徐々に増やしていって、気持ち良いバランスを探します。5〜15呼吸キープ。

4)頭に体重をかけたまま首を伸ばさないように、まず吸いながら肘で床を押して上半身を持ち上げて、あごをひいてから、背中・後頭部を床にゆっくり下ろします。

5)手をお尻の下からぬいて、仰向けで休みます。

マツヤーサナのコツ・練習法

首を反らした時にめまいや頭痛が起こる方も多いようです。
その場合は無理に行わないほうが良いですが、アゴ・顔・頭・首周りの偏りや力みが原因の場合があるので、少しだけアゴを開いて歯を噛み締めないようにしたり、肩や首が左右に偏っていないかどうか慎重に確かめながら行ってみると、改善することがあります。

首の上のほうだけ曲げないように、胸と首全体の背骨の間を広げるように伸ばしながら、アーチを描くように曲げていく意識で行うと良いでしょう。

シークエンス例

  • サルヴァンガーサナ(肩立ち)やセツバンダサルヴァンガーサナ(橋のポーズ)などでは首を前に曲げるので、そのカウンターの動きとしてセットで行われます。
  • 蓮華座を組んで行うバリエーション(パドママツヤーサナ)もあります。

≫サーランバサルヴァンガーサナ(肩立ち)

≫セツバンダサルヴァンガーサナ

≫パドママツヤーサナ(蓮華座を組んだ魚のポーズ)

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは東京都中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な人の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。