少人数・パーソナル・プライベートヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

アシュタンガヨガ 太陽礼拝Aのアーサナ(ポーズ)順番・ドリシュティ(視点)・サンスクリット語カウント

アシュタンガヨガ 太陽礼拝Aのアーサナ(ポーズ)順番・ドリシュティ(視点)・サンスクリット語カウント

先生が呪文のように唱えている、サンスクリット数字も合わせて

アシュタンガヨガで最初に行う太陽礼拝Aの順番を、サンスクリット語のカウント付きで解説します。

太陽礼拝は、サンスクリット語でスーリヤナマスカーラ Surya Namaskara、英語ではサンサルテーション Sun Salutationと呼びます。

動画はこちら。

この記事の目次

ヴィンヤサとは

太陽礼拝は「ヴィンヤサ(ヴィンヤーサ)」と呼ばれるものの代表例で、ヴィンヤサとは呼吸に合わせて動くこと、あるいはその動きそのものを表す言葉です。

たとえばある一連の流れの中の8番目の動きを「第8ヴィンヤサ」などと言ったりします。

アシュタンガヨガは、ヴィンヤサヨガと呼ばれるヨガの中の一つの流派で、ヴィンヤサヨガの源流とする説もあります。

サンスクリット語のカウント

アシュタンガヨガのヴィンヤサは、動くときにサンスクリット語によってカウントされ、状態をキープして呼吸を続けるときは英語でカウントするのが一般的です。

太陽礼拝Aは9(ナヴァ)、太陽礼拝Bは17(サプタダシャ)まであります。

アシュタンガの他のポーズのなかでは、たまーに、呼吸しているのにサンスクリット語でカウントしないところがあります…。
たとえば前屈ポーズから起き上がってくるとき、吸う息で目線をあげるところはカウントしますが、そのあと一息吐いて力を抜くところはカウントしません。

なので、動作がない or 単に力を抜くための呼気、といったところはカウントしないというのが基本になりそうですが、例外もたまーにあります…。
とりあえず深く考えず、ルールとして決まっているとして捉えておくのが良さそうです。
もちろんカウントの仕方は覚えておく必要はありません。

太陽礼拝A(スーリヤナマスカーラA)のアーサナ(ポーズ)順番

基本の立ち姿勢、サマスティティヒから始めます。

1 エーカム 吸:ウルドゥヴァハスターサナ

ドリシュティ(視点):親指
両手を上に挙げます。

2 ドゥヴェ 吐:ウッターナーサナ

ドリシュティ(視点):鼻先
前屈します。

3 トリニ 吸:アルダウッターナーサナ

ドリシュティ(視点):眉間
目線を斜め前に、床かスネを押して腰を前へ伸ばします。

4 チャトヴァリ 吐:ジャンプバック→チャトランガダンダーサナ

ドリシュティ(視点):鼻先
両足を揃えて腰を浮かせ、頭からかかとまで一直線にして足先をふわっと下ろし、肘を曲げて全身を斜め前方に下ろし、両手と両足先の4点(チャトル「4」、アンガ「分かれて支える」)で支えます。

5 パンチャ 吸:ウルドゥヴァムカシュヴァナーサナ(アップドッグ)

ドリシュティ(視点):眉間
体を前に運びながら弧を描くように背中を反らせます。腕は伸ばし、両手と両足の甲で体を支えます。

6 シャト 吐:アドムカシュヴァナーサナ(ダウンドッグ)

ドリシュティ(視点):おへそ
おへそを引き上げて、体を山の形に。5呼吸キープ。

7 サプタ 吸:ジャンプ→アルダウッターナーサナ

ドリシュティ(視点):眉間
最初の位置まで足を戻してきます。

8 アシュト 吐:ウッターナーサナ

ドリシュティ(視点):鼻先
再び深く前屈します。

9 ナヴァ 吸:ウルドゥヴァハスターサナ

ドリシュティ(視点):親指
背骨を伸ばしたまま上体を起こし、両手を上に。

10 カウントなし 吐:サマスティティヒ

ドリシュティ(視点):鼻先
最初の立ち姿勢に戻ります。

太陽礼拝A(スーリヤナマスカーラA)のコツ・練習法

チャトランガダンダーサナが難しい場合は、まずは膝をついた8点のポーズで練習するのも良いでしょう。お腹から落ちないように、全身をゆっくり床まで下ろしていくことから練習しましょう。そのときもお腹からべちゃっと落ちるのでなく、全身を板のように保ちながら、ヘリコプターのようにゆっくり下ろします。

≫チャトランガダンダーサナ(4点で支える杖のポーズ)

≫8点のポーズ

ウルドゥヴァムカシュヴァナーサナ(アップドッグ)が難しい場合は、お腹を地面につけて肘は曲げたままで行うブジャンガーサナ(コブラ)で代用しましょう。ただ、この二つのポーズの効果は全く異なるので、可能であればなるべくアップドッグを練習していくようにしましょう。
股関節の前側を伸ばし、脚を力強く使うことで、後にでてくるアシュタンガヨガのポーズに必要な筋力をつけていくことができます。

シークエンス・バリエーション

アシュタンガヨガでは、太陽礼拝Aを3〜5回行った後、太陽礼拝Bを3〜5回行います。

≫アシュタンガヨガ 太陽礼拝Bのアーサナ(ポーズ)順番

≫シヴァナンダヨガの太陽礼拝

≫アシュタンガヨガ(ハーフプライマリー)のポーズ内容・順番

≫アシュタンガヨガ(ハーフプライマリー)ポーズ順図解

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは東京都中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。