少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× レッスンスケジュール
マユラーサナ(マユーラーサナ・孔雀のポーズ)〜強力な解毒効果・内臓を活性化・体幹強化〜

マユラーサナ(マユーラーサナ・孔雀のポーズ)〜強力な解毒効果・内臓を活性化・体幹強化〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

ただの曲芸じゃありません、内臓にとっても効くポーズ

強力な解毒アームバランスポーズ、マユラーサナ(マユーラーサナ・孔雀のポーズ)。脚は浮かなくても、みぞおちを刺激するだけで効果があります。

この記事の目次

マユラーサナの効果・注意点

他のアームバランスポーズと同じように、体幹(肩周りやお腹のインナーマッスル)を強化します。加えて、内臓を強く刺激する解毒ポーズとして扱われます。肝臓・膵臓・腎臓などを活性化するとともに、毒素を溶かし出し体を浄化します。

必ず胃が空っぽの状態で行うようにします。

手首や肘などを痛めている場合は、やめておきましょう。
強力な解毒ポーズなので、内臓から排出された毒素を含む血液が頭に回らないように、マユラーサナのあとはシルシャーサナ(ヘッドスタンド)などの逆転系のポーズを行うのは避けたほうが良いとされています。

マユラーサナのやり方

1)正座の状態から、つま先を立てて膝を開きます。膝の間に両手をつき、前腕を外へ回して中指が手前に向くように置きます。指は5本均等に大きく開いておきましょう。これが土台になりますので、土台は広いほうが安定します。肩甲骨を離して、肩を下(骨盤の方)に引き下げます。肘はできるだけ近づけますが、くっつかなくても構いません(くっつくかどうかは骨格によります)。

2)軽くみぞおちを両肘の上に置き、お尻を浮かせて、ひたいを前方の床につきます。

3)息を吐き、お腹を細く長くして引き締めます。両肘にみぞおちの体重をだんだんあずけていき、頭頂を前に伸ばすようにして頭を浮かせます。

4)息を止めて、全身を真ん中のラインに集めるように意識を集中し、シーソーの板のように固めた状態で、少しだけ全身を前方にずらしていきます。全身が板のようになっていれば、肘を支点にして、シーソーのように頭が下がることで脚があがってきます。

5)足先は遠くの壁につま先立ちするように伸ばし、体をまっすぐにしてできるかぎりキープします。写真のように、頭を下におろせば脚は上がってきます。

6)お腹の力をぬかないように脚を床に下ろし膝をついて、吸いながら両手は前のほうへ伸ばしてひたいを床につき、チャイルドポーズで休みます。

シークエンス

シルシャーサナなどの逆転ポーズの前には行えないので、シヴァナンダヨガでは終盤に行います。

マユラーサナの練習法・コツ・バリエーション

まずは手首の柔軟性が必要なので、よくストレッチしておきましょう。

伸ばした足の下か、ひたいの下にブロックを置いて、はじめから高さをつけて練習する方法もあります。

蓮華座を組んで行うパドママユラーサナのほうが、体がコンパクトになるので持ち上げやすい場合があります。予想外にピョーンと持ち上がってしまうので、通常のマユラーサナからパドママユラーサナに切り替えてトライする場合は頭を下げすぎて床にたたきつけないように気をつけましょう。
蓮華座を組んだまま股関節を伸展する柔軟性が必要なので、まずはパドママツヤーサナ(蓮華座を組んだ魚のポーズ)で練習すると良いでしょう。

さらに深めると、片手だけ行うこともできます。その場合は、手の指をさらにしっかり広げて、肘の位置をみぞおち真ん中近くへ調整します。

≫パドママツヤーサナ(蓮華座を組んだ魚のポーズ)

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な方の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。