少人数・パーソナル・プライベートヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

現代人向けヨガのやり方(始め方・深め方) 〜入りやすいところから入って、8支則で方向性を確認する〜

現代人向けヨガのやり方(始め方・深め方) 〜入りやすいところから入って、8支則で方向性を確認する〜

まずは姿勢から整え、壁に当たったら哲学の中にたくさんヒントが

この記事の目次

ヨガを始める目的

ヨガを始める人の多くは、
「柔軟性を高めたい」「シェイプアップしたい」「姿勢を整えたい」
といった、「体を変えたい」目的を持って始めると思います。

そして、最近では「落ち着きたい」「集中力を高めたい」という「心を変えたい」目的で瞑想から入る方も多いです。

ヨガに対するイメージは様々で、目的も様々。
でも入り口は広くて良いと思います。

色々な入り口から入ってきた方々に、うまくヨガの本当の魅力を知ってもらうにはどうしたらいいか、私も日々考えています。

ヨガを楽しく深めていくにはどうしたらいいか?

いろいろなアプローチがありますが、体と心、どちらに着目して入ってきたとしても、まずは「アーサナ(姿勢)から整えましょう」というのが分かりやすくて実用的であるように思えます。

瞑想を深めるにしても、長く坐っているための股関節の柔軟性・体幹の強さ・有効な坐法を身につける必要があります。
体がフラフラ動いてしまっては、心を1点に定めることができないからです。

姿勢を整えるために、自分に合ったポーズやヨガレッスン、必要に応じてピラティスなどその他エクササイズを選び、練習していきます。
「自分に合った」というのは、自分の歪みや癖を手放すためのものなので、時には「苦手な」ものになるかもしれません。

その後、呼吸法(プラーナヤーマ)を身につけます。
アーサナを深めるためには呼吸が重要、というのは少しヨガをやってみればわかると思います。
また、心を落ち着けたり活発にしたり、切り替えをうまくするためには特殊な呼吸法が有効であり、これは瞑想に至るための、自分を正確に観察しコントロールする上で有効なツールになります。

それから、心身を変えていく際に内側に生まれる感覚や、外側からの刺激(他人よりうまくできているかどうかといった雑念なども含め)に対して心を乱されないようにする。感覚制御(プラティヤハーラ)という段階を修めることで、より深めていく際に怪我をしたりすることも避けることができます。
この練習に最適なのが、ヴィパッサナー瞑想であると思います。

ここまでの過程で、迷いが生じたり、壁にあたったりしたら、必要に応じて根本的な道徳へと戻って足元を固め直します。ヤマ(社会的規範・禁戒)・ニヤマ(個人的規範・勧戒)という教えがヨガには用意されています。

心乱されないようになったら、「対象」へ「集中(ダーラナ)」をし、集中を途切れることなく自然に連続して「瞑想(ディヤーナ)」に至り、最終的に対象と一体化して「三昧(サマーディ)」に至るという流れです。
これがひとつのゴールとなるわけですが、この場合「対象」は、ヨガをすることで成りたい「本来あるべき自分」と考えるのが分かりやすいでしょう。それは本来自分の中にあり、そこへ一体化していくために、邪魔している余計なものを手放していきます。

方向性を確かめながら、ヨガの「8支則」をうまく活用する

ゴールが一旦確認できると、方向性が分かりやすくなります。
そこへ向かって、少しずつでも進んで行けている感覚が得られると、ヨガの意味が分かってきて面白くなってきます。

ここまで出てきた、

  • アーサナ(姿勢)
  • プラーナヤーマ(呼吸・調気)
  • プラティヤハーラ(感覚制御)
  • ダーラナ(集中)
  • ディヤーナ(瞑想)
  • サマーディ(三昧)

各項目はヨガの8支則の内容なのですが、実際の順番は、これらの前にある道徳(ヤマ・ニヤマ)から始まっています。たしかに道徳は根底として重要なのですが、現代社会でいきなりそこからヨガに興味を持つ人はほとんどいないでしょう(社会は変わっていくかもしれませんが)。

なので、心か体、どちらかから興味を持って始めたうえで、壁に当たったときに方向性を見定めるためのヒントにするために、必要に応じて道徳(ヤマ・ニヤマ)を学んでみる、といった使い方が良いのではないかと思います。

ヤマ・ニヤマはそれぞれ5項目ずつあり、とても深い意味があります。
≫ヤマ(社会的規範・禁戒)
≫ニヤマ(個人的規範・勧戒)
(コンサルタントの人に言わせると、全然MECEじゃないですが)

≫ヨガの目的・基礎知識〜自分なりに、8支則をライフスタイルへ取り入れる〜

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは東京都中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。