少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× 記事を探す
トリアンガムカエーカパーダパスチモッターナーサナ(ティリヤンムカイカパダパスチモッターナーサナ)〜腹筋を強く使いながら、太ももと股関節を柔軟に〜

トリアンガムカエーカパーダパスチモッターナーサナ(ティリヤンムカイカパダパスチモッターナーサナ)〜腹筋を強く使いながら、太ももと股関節を柔軟に〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

苦手な男子が多いポーズ、股関節をやわらかく足首もまっすぐに

片脚を割座にして前屈するポーズ。
とくに男性に苦手な人が多いですね。

トリ「3」、アンガ「分かれた」、ムカ「向かって」、エーカ「1」、パーダ「脚」、パスチマ「西」、ウッターナ「強く伸ばす」の意味。長い長い。日本語にすると「3方向に手脚を伸ばした片脚前屈ポーズ」です。

ティリヤンムカイカパダパスチモッターナーサナなど、日本語でも英語でも結構異なる表記が用いられるややこしい名前のポーズですが、形はシンプルです。

アシュタンガヨガのプライマリーシリーズ、前屈&股関節回転の柔軟性を高める坐位ポーズの2番目に出てきます。

≫アシュタンガヨガ(ハーフプライマリー)のポーズ内容・順番

この記事の目次

トリアンガムカエーカパーダパスチモッターナーサナの効果

  • 股関節を内回しする柔軟性強化
  • 太ももの前側(大腿四頭筋)のストレッチ
  • ハムストリングス、お尻の筋肉をストレッチ
  • 腹筋(体幹のインナーマッスル)の強化
  • 腰痛の緩和

トリアンガムカエーカパーダパスチモッターナーサナの禁忌・注意点

ハムストリングスの柔軟性が足りない場合は、膝を曲げるなどして調整します。

股関節の柔軟性が足りない場合は、坐骨をブロックの上にのせて、曲げている側の足はブロックの横に置くような形で、高さをつくって前屈します。

足首や膝、太ももの筋肉を痛めている場合は避けましょう。

妊娠中の方は、お腹を太ももにおしつけないように角度を調整します。

トリアンガムカエーカパーダパスチモッターナーサナのやり方

1)長座(ダンダーサナ)で坐ります。左右のお尻をそろえたままで、右脚を曲げて足首をまっすぐのばしながら足をお尻のすぐ横に置き、右脚だけ割座の形にします。

2)体が左側に倒れやすいので、右脚のスネと足首の外側のラインに体重を乗せ、右股関節を外回しするようにします。上半身の体側は右側が縮まないようにしながら、両体側を均等に伸ばして肋骨を持ち上げ背骨を伸ばします。

3)吐きながら、強くお腹を引き入れて左脚へ向かって前屈します。左足首は90°に曲げて、足の人差し指と膝は真上を向いている状態を保ちます。両手で左足をつかみます。深められる場合は、両手のひらを足裏と同じ方向へ向け、伸ばしている脚側の手(左手)の手首を右手でつかみます。

4)ポーズ中は、右足の甲で床を押して足首をまっすぐ伸ばし、股関節を外回しし続けます。5呼吸キープ。

5)吸いながら起き上がり、逆側も同様に行います。

シークエンス例

  • ・アシュタンガヨガのプライマリーでは、アルダバッダパドマパスチモッターナーサナ(股関節外回し)の後にトリアンガムカエーカパーダパスチモッターナーサナ(股関節内回し)を行い、ジャーヌシルシャーサナA(股関節外回し)へつなぎます。順番に行うことで、股関節を効果的に柔軟にしていきます。
  • 仰向けになって、アルダスプタヴィラーサナ(半分の仰向けの割座)の形にすると、太もも前のストレッチに効きます。

≫スプタヴィラーサナ(仰向けの割座)

トリアンガムカエーカパーダパスチモッターナーサナのコツ・練習法

ヴィラーサナ(割座)をして、左右の脚が同じようになっているかどうかをチェックしましょう。

  • 足首の向き
  • 膝の向き
  • 骨盤の向き
  • 左右のお尻の位置

座り仕事で股関節が固まっている人にとっては、かなり左右差の出やすいポーズなので、慎重に左右の差をチェックして、均一にできるように練習していきます。

練習を重ねて左右差が整うころには、歩き方も美しく、下半身のめぐりもとても良くなっているはずです。

股関節の柔軟性が足りない場合は、足首や膝をひねらないように、坐骨をブロックや畳んだブランケットやクッションなどの上にのせて坐り、だんだん高さを減らしていくように練習します。

割座は、ながらヨガでもできるので、テレビなどみながらでも深めることができます。

他の前屈ポーズに比べて重力が使いにくいので、しっかり腹筋を使ってお腹を細く引き入れて前屈を深めます。

アシュタンガヨガにおける前後のポーズ、アルダバッダパドマパスチモッターナーサナとジャーヌシルシャーサナAは股関節を逆回しする前屈ポーズなので、合わせて練習していくと、自然と前屈も股関節も柔らかくなっていくような順番になっています。

≫ヴィラーサナ(割座)

≫アルダバッダパドマパスチモッターナーサナ

≫ジャーヌシルシャーサナA

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な方の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。