研究の軌跡 目次へ コラム・レッスンを探す

研究の軌跡_20230202

意識は一瞬にして変わる。良くも悪くも。

「このような自分になろう」と意識しても、すぐ「いつもの自分」に戻ってしまう。

視力回復なども、このあたりに鍵がある。

一瞬、きらめく世界がはっきり見える瞬間がある。

でもそれは一瞬のことだろう、と思い込み、すぐにいつもの眼の使い方に戻ってしまう。

はっきり見えるのが本当の自分なのだと、意識し続けて、定着させる。

それを頻繁に忘れるので、すぐ思い出すために、アファーメーションも有効であろう。

「私はとても視力が良い」と唱える。

「自己暗示」「催眠」と言うと、ネガティブなイメージもあるが、そういう機能は確実に人間は持っている。うまくコントロールして活用していこう。

あるいはもっとシンプルに、SO-HAM(私は「それ」である)を呼吸とともに唱え続けるのも有効であろう。

吸う息でSOOOO、吐く息でHAMMMM、言葉には出さず、唱えているイメージをする。

人は、生まれてからずっと、1日2万回以上、SO-HAM(私は「それ」である)と唱えているのである。

参考:SO-HAM(ソーハム)瞑想のやり方・効果・意味、マントラの音に関する考察

研究の軌跡 目次へもどる

サイト内検索

コラムを探すページへ