少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

多裂筋

この記事の目次

多裂筋の特徴

脊柱起立筋の深層にあり、回旋筋を覆っている、各椎骨を結んでいる長い筋肉。

動きとしては脊椎の伸展・回旋・側屈に関わるが、主な働きとして椎骨同士をひきつけて安定させる作用がある。筋肉にはスタビリティ(安定性)とモビリティ(可動性)のバランスが重要であるが、多裂筋は主にスタビリティに貢献している。

≫多裂筋の画像検索

多裂筋の主な働き

  • 椎間関節の安定
  • 脊椎の伸展
  • 脊椎の回旋(反対側)
  • 脊椎の側屈(同側)

主な拮抗筋

脊椎の屈曲

  • 腹直筋
  • 外腹斜筋
  • 内腹斜筋

脊椎の回旋

  • 内腹斜筋(反対側)
  • 外腹斜筋(同側)
  • 脊柱起立筋
  • 回旋筋
  • 多裂筋(反対側)

脊椎の側屈

  • 外腹斜筋
  • 内腹斜筋
  • 腰方形筋
  • 脊柱起立筋
  • 多裂筋

主な協働筋

脊椎の伸展

  • 脊柱起立筋
  • 腰方形筋
  • 半棘筋
  • 多裂筋
  • 回旋筋

脊椎の回旋

  • 内腹斜筋(同側)
  • 外腹斜筋(反対側)
  • 脊柱起立筋
  • 回旋筋
  • 多裂筋(同側)

脊椎の側屈

  • 外腹斜筋
  • 内腹斜筋
  • 腰方形筋
  • 脊柱起立筋
  • 多裂筋

多裂筋の起始・停止

起始

最長筋の浅部の腱、後仙骨孔と上後腸骨棘との間の仙骨後面、腰椎の乳頭突起、胸椎の横突起、第4〜7頚椎の関節突起

停止

各起始部から2〜4つ上の椎骨の棘突起

多裂筋を鍛えるヨガポーズ・エクササイズ例

多裂筋をストレッチするヨガポーズ・エクササイズ例

≫筋肉一覧へ戻る