少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

腸骨筋

この記事の目次

腸骨筋の特徴

大腰筋・小腰筋とともに「腸腰筋」としてまとめられることが多く、腸骨筋は主に股関節を屈曲するために用いられる。

大腰筋とは異なり、脊椎には付着していないので、大腰筋の持つ「腰椎を前弯させすぎない」といった姿勢の維持に関する働きには協働しない。そのため、ブリッジ(ウルドゥヴァダヌラーサナ・上向きの弓のポーズ)のような強い後屈ポーズにおいては、腸骨筋はストレッチし、腰椎を保護するために大腰筋も働き続け、腸骨筋と大腰筋はお互いに拮抗筋として働くことになる場合もある。

≫腸骨筋の画像検索

腸骨筋の主な働き

  • 股関節の屈曲・骨盤の前傾
  • 股関節の外旋(わずかに)

主な拮抗筋

股関節の伸展

  • 大殿筋
  • 大腿二頭筋(長頭)
  • 大内転筋
  • 半膜様筋
  • 半腱様筋
  • 中殿筋(後部)
  • 梨状筋

股関節の内旋

  • 中殿筋(前部)
  • 小殿筋(前部)
  • 大内転筋
  • 恥骨筋
  • 長内転筋
  • 大腿筋膜張筋

主な協働筋

股関節の屈曲

  • 大腰筋
  • 腸骨筋(以上が腸腰筋)
  • 大腿直筋
  • 大腿筋膜張筋
  • 恥骨筋
  • 長内転筋

股関節の外旋

  • 大殿筋
  • 大腿方形筋
  • 内閉鎖筋
  • 中殿筋(後部)
  • 小殿筋(後部)
  • 腸骨筋
  • 大腰筋
  • 外閉鎖筋
  • 梨状筋
  • 上双子筋
  • 下双子筋

腸骨筋の起始・停止

起始

腸骨内面の腸骨窩、下前腸骨棘

停止

大腿骨の小転子

腸骨筋を鍛えるヨガポーズ・エクササイズ例

腸骨筋をストレッチするヨガポーズ・エクササイズ例

≫筋肉一覧へ戻る