少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× 記事を探す
スワン(ピラティス)〜胸椎を動かし、肩甲骨を正しく使う〜

スワン(ピラティス)〜胸椎を動かし、肩甲骨を正しく使う〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

肩周り・腰回りの筋肉バランスを整える

ピラティスのうつぶせ(腹臥位)での後屈エクササイズの入り口となるスワン

シンプルな後屈のように見えますが、正確に行うことで腰痛や肩こり改善に重要な筋肉を強化できます。

この記事の目次

スワン(ピラティス)の効果

  • 腰痛の改善
  • 肩こりの改善
  • 下部胸椎の柔軟性UP
  • 背筋・腹筋の強化
  • 前鋸筋の強化、肩甲骨の矯正
  • ストレス解消

スワン(ピラティス)の禁忌・注意点

腰や背中に怪我をしている場合は避けましょう。怪我が治ってから、痛みの出ない範囲で少しずつ可動域を広げていきます。

スワン(ピラティス)のやり方

1)うつぶせになります。お腹がべちゃっと落ちないように引き締め、骨盤は軽く後傾してまっすぐ床を向いた状態、ニュートラルを保ちます。

2)両手を頭の横あたりにつき、吸って準備。吐きながら、手を手前に引き寄せるようにしっかり床を押しながら、胸椎を反らしていきます。

3)胸椎を限界まで反らしたら、そこで一度吸って、吐きながら背骨を伸ばし続けることを意識して、おへそ・胸・顔と順番にうつぶせに戻っていきます。

3〜5セット行います。

スワン(ピラティス)のバリエーション

手をおでこの下に重ねて、背筋を使って少し胸椎を反らせるスワンプレップを準備として行うパターンもあります。

手の下にピラティスボールやストレッチポールなどの転がるものを置いて、手前へ引き寄せながら下に押す強度を高める方法もあります。前鋸筋強化の効果がより高まります。

シークエンス例

このあと、スワンダイブ、ワンレッグキック、スイミングなどの後屈エクササイズへつなげます。

スワンで腹臥位のエクササイズを終わる場合は、チャイルドポーズ(レストポジション)で背中を伸ばして休みます。

≫スイミング

≫チャイルドポーズ(レストポジション)

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金および遠隔で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な人の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。