中央区佃(月島・勝どき)のヨガ&ピラティススタジオ
少人数・プライベート・オンラインレッスン

オンラインレッスン 記事を探す
自分らしい表現をする

自分らしい表現をする

長く健康に生きられれば正解、でもない

人は生きているだけで、なにかを表現しています。

なんなら生きていなくても、表現しているかもしれません。

たとえば「死に様」も後世の人に影響を与えます。

長く健康に生きられれば正解ということもないでしょう。

不健康で、短い人生で、人々に大きな影響を与えた人もいます。

じゃあ人々に大きな影響を与えなければダメな人生かというと、そうでもない。

良い人生か、などというのは誰にも決められないし、誰もが決められるとも言える。

しかし誰しも少なからず、人々に影響を与え、影響を受けています。

産まれ方・生き方・死に方、全部表現であり、その表現は必ず誰かに影響を与えているはずです。

そこには必ずなにか条件・制限があって、その環境下でどう振る舞うかというのが、表現の醍醐味なのでしょう。

なんでも創造できてなんでも思い通りになる環境では、表現というものの面白さがありません。

不自由だからこそ、面白い。

ここはそういう次元の世界なのだと思います。

自分らしい生き様、自分らしい表現のヒントは、自分の中にもあれば、周りの世界全てにもあります。

でも、自分らしくない、他人のことばかり意識して、やりたくないことをわざわざ選んで「仕事」にしている人々が多いようです。

自らやりたくないことを選んで、たくさん時間とエネルギーを使う実験。

それもまた経験。

私もそれを何年か、やってました。

やらなければ、わからない。

最初は、やりたいことだったんだと思います。やってみたら、じつはやりたくないことだった。あるいはやりたくなくなった。

いいじゃないですか。世界も自分も、変化していきます。

執着しないことです。やりたくないと気づいたのなら、変えていけばいい。

今の自分らしい、エネルギーを無理に費やさず自然に湧き出る表現を、してみたらいいと思います。

やっていて疲れる・つらい・なんだかすごく周りと衝突する、エネルギーが枯渇してしまうような表現は、違うのかもしれません。いろいろ試してみれば良いでしょう。

表現がなにかの役に立ったり心を打ったりすれば、お金や感謝などが返ってきます。それが仕事と呼ばれているものの自然な形のような気がします。

しかし報酬や反応だけを求めて行う表現は、執着へと変わります。

自然に湧き出る表現を、し続けるのが良いと思います。

生き方も、死に方も、自然に。

男性ヨガインストラクター 高橋陽介の写真

ご質問・ご相談されたいことなどございましたらご連絡ください。
月島・白金高輪でのスタジオレッスン、企業向けレッスンオンラインプライベートレッスンを行っています。

LINELINEでのご質問などはこちら

スタジオ概要 スケジュール 料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。

サイト内検索