少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

前鋸筋

この記事の目次

前鋸筋の特徴

主に、肩甲骨を外へ開き、前へ押し出すようにする際に使う筋肉。遠くのものをとるときに手を思いきり伸ばすために使ったり、パンチを出すときなどに用いるので「ボクサー筋」とも呼ばれる。

ヨガでは、プランクポーズチャトランガダンダーサナカカーサナピンチャマユラーサナをはじめとしたアームバランスポーズで重要な働きをする。前鋸筋が使えていないと、肩甲骨が寄ってしまって肩関節が背中側にズレて、安定性が損なわれてしまう。

≫前鋸筋の画像検索

前鋸筋の主な働き

全体

  • 肩甲骨の外転(前進)

上部

  • 肩甲骨の下方回旋

下部

  • 肩甲骨の上方回旋
  • 肩甲骨が固定されている場合には肋骨を挙上

主な拮抗筋

肩甲骨の内転

  • 僧帽筋(中部)
  • 大菱形筋
  • 小菱形筋

肩甲骨の下方回旋

  • 大菱形筋
  • 小菱形筋
  • 小胸筋
  • 前鋸筋(上部)

肩甲骨の上方回旋

  • 僧帽筋
  • 前鋸筋(下部)

主な協働筋

肩甲骨の外転(前進)

  • 前鋸筋
  • 小胸筋

肩甲骨の上方回旋

  • 僧帽筋
  • 前鋸筋(下部)

肩甲骨の下方回旋

  • 大菱形筋
  • 小菱形筋
  • 小胸筋
  • 前鋸筋(上部)

前鋸筋の起始・停止

起始

第1~第8または9 肋骨腱弓(外側面中央部)

停止

肩甲骨内側縁

前鋸筋を鍛えるヨガポーズ・エクササイズ例

前鋸筋をストレッチするヨガポーズ・エクササイズ例

  • 肩をすくめて、後方へ引く動作(肘が開かないように、肩関節を強く後ろへひっぱるように行う)

≫筋肉一覧へ戻る