少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

コーシャ

梵:कोष koṣa
英:container, pocket

鞘、入れ物。

多くのヨーガ哲学において、人間の体は以下の5つの層(パンチャコーシャ)に分かれていると定義される。

  • アンナマヤコーシャ(食物鞘)
  • プラーナマヤコーシャ(生気鞘)
  • マノーマヤコーシャ(意思鞘)
  • ヴィグニャーナマヤコーシャ(理知鞘)
  • アーナンダマヤコーシャ(歓喜鞘)

一般に「自分」だと思いこんでいる「肉体」はアンナマヤコーシャであり、最も粗大(粗雑)な層である。

どの順番で「内側」とするかは、捉え方によって異なる。

  • 物理的な大きさとしてはアンナマヤコーシャが最も内側で、アーナンダマヤコーシャが全てを包んでいるとされることが多い。
  • アートマン(Atman・最も奥にあるもの・真我)に最も近い層という捉え方では、アーナンダマヤコーシャが最も内側であるが、アートマンがすべてを包んでいると捉える場合もある。

3つのシャリーラや神智学で定義される各体との対応関係を言及されることもあるが、それぞれ別の切り口での捉え方とも考えられる。

A・E・パウエル氏による「神智学大要」の中では、コーシャと神智学による各体を下記のように対応させている。

  • アンナマヤコーシャ:肉体
  • プラーナマヤコーシャ:プラーナ
  • マノーマヤコーシャ:下位精神と欲望
  • ヴィグニャーナマヤコーシャ:上位精神
  • アーナンダマヤコーシャ:ブッディ

関連記事

関連用語

関連書籍

ヨガ用語辞典へもどる