少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

中間広筋

この記事の目次

中間広筋の特徴

大腿四頭筋」を構成する筋肉のひとつ。主に膝関節を伸ばす働き(伸展)をもつ。

太もも裏側のハムストリングが主に推進力を生み、太もも表側の大腿四頭筋は主にブレーキの役割を果たす。

立ち上がる動作、歩いたり走ったりする動作など、膝を伸ばすときに用いられるので、日常的に利用頻度は高いが、椅子に座った姿勢では中途半端に曲がった状態でキープされるため固まりやすい。そのため、膝を最大可動域まで曲げることができず、正座やあぐらができない人も多いようである。

ヴィラーサナ(割座)などのヨガポーズでストレッチしておき、椅子のポーズナヴァーサナなどで鍛えると良い。

≫中間広筋の画像検索

中間広筋の主な働き

  • 膝関節の伸展

主な拮抗筋

膝関節の屈曲

  • 半膜様筋
  • 半腱様筋
  • 大腿二頭筋(以上がハムストリング)
  • 腓腹筋
  • 薄筋
  • 縫工筋
  • 膝窩筋

主な協働筋

膝関節の伸展

  • 中間広筋
  • 外側広筋
  • 内側広筋
  • 大腿直筋
  • 大腿筋膜張筋

中間広筋の起始・停止

起始

大腿骨の前面および外側面

停止

膝蓋骨の上縁、膝蓋腱を介して脛骨粗面へ

中間広筋を鍛えるヨガポーズ・エクササイズ例

中間広筋をストレッチするヨガポーズ・エクササイズ例

≫筋肉一覧へ戻る