少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× レッスンスケジュール
万病を治せる妙療法―操体法|書籍紹介

万病を治せる妙療法―操体法|書籍紹介

「快」を探して、日常生活の全てを整える

セルフケアやヨーガの勉強などのために、私が読んできた書籍を紹介していきます。

今回は、「万病を治せる妙療法―操体法/橋本敬三(著)」です。写真は旧版です。

この記事の目次

簡単に言うと、どんな本?

身体の歪みを整えることで、様々な病気を治す「操体法」の入門本です。

操体法の本は様々な著者によって出版されていますが、この本は操体法の提唱者である橋本敬三氏による代表作の一つです。

操体法の動きはとても簡単ですが、意外にも非常に効果的であり、その原理にはヨガの動的アーサナにも通じるものがあります。操体法に関しては以前記事を書いたので、下記参考にしてください。

参考:操体法とヨガの比較 〜息・食・動・想・環を気持ちよく〜

どんな人にオススメ?

ヨガのアーサナで左右があるものを行ったときにかなり差がある人や、姿勢に歪みを感じる人などにとっては、歪みを整える重要なヒントを得られるかもしれません。

いろいろな治療を試したけれどなかなか治らない症状や歪みを抱えている人も、意外に簡単な操体法で治る可能性もあります。「長年抱えてきたからこんな簡単に治るわけがない」といった思い込みを捨てて、ひとつのヒントとして日々の運動に取り入れてみるのも良いかもしれません。

私個人の読んだ時期・感想

シヴァナンダヨガや沖正弘氏や本山博氏のヨガを研究していたころ、「背骨の歪みを整える」ということの重要性に気づき、そしてパワンムクターサナのような動的アーサナが存在するということを知り、ヨガ以外にも背骨を整える様々な動きを調べていったところ、操体法を解説した古風なホームページに出会いました。

パワンムクターサナ1

操体法では、左右や前後の動きを比較してみて、気持ち良い方を多く行う、という一見真逆のような理論を掲げていますが、これが実は歪みを直す上で非常に有効でありしかもシンプルな原理で、かなり刺激を受けました。

「筋肉の強さが不足しているからやりにくい」のであれば、「やりにくい方を多くやる」のが良いですが、「歪んでいるからやりにくい」のであれば、「より歪ませるよりも、歪みが直る方向のほうがやりやすい」はずなので、「やりやすい方を多くやる」ということです。この理論は現在でも私の基礎のひとつとなっています。

「万病を治せる」というタイトルは大げさなようにも見えますが、歪みを直すとほとんどの病気が治る、という感覚は、私は結構前から持っていました。通っていた凄腕の整骨院の先生が、背骨を整えることでガンや喘息といった症状を治しているのを見てきたからです。

それを自力で、セルフケアとしてできれば最高じゃないか。現在も掲げている私のコンセプトは、その整骨院に通っていたときからなんとなく思っていました。凄腕の先生に依存することなく、誰にも依存することなく、自分で治すことができるはずであると。

この本を始めとして操体法の本をいくつか読みましたが、歪みを直して長年の症状を解消するということにおいて、とても重要なヒントを得ることができました。この本自体は古風な文体で書かれているので、人によっては読みにくいかもしれません。その場合は、橋本氏のお弟子さんたちも現代風に書き直した本を出しているので、それらも読んでみると良いと思います。

操体法関連の書籍(Amazon検索)

「万病を治せる妙療法―操体法」の目次

  • 図解でわかる操体法
  • 1 病気はなぜ治らないのか(難病の患者;現代医学の盲点)
  • 2 健康の原理―発想を逆転する(人間のからだのしくみ;運動系のもつ重要性 ほか)
  • 3 健康な毎日のために―日常の操体法と健康管理(自分でやる健康検査;姿勢のよしあし ほか)
  • 4 操体療法の実際(操体療法の極意;各部の痛みをとる ほか)

「万病を治せる妙療法―操体法」の購入先

Amazon

この書籍に関連する記事

関連書籍

ご質問・ご相談されたいことなどございましたらご連絡ください。
オンラインプライベートレッスンも行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。