少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× 明日 18:30〜 ◯ 白金プライベートクラス
小中高生がヨガをする効果・メリット「心・技・体」

小中高生がヨガをする効果・メリット「心・技・体」

「心・技・体」それぞれの癖を手放し、呼吸を整え、バランスをとる

日本ではまだ「大人の女性がやるもの」というイメージの強いヨガですが、アメリカなどではヨガや瞑想のメリットが認められ、一部の学校で授業にも取り入れられつつあります。

小中高生の親御さんや、健康やスポーツ能力UPなどに関心のある若年層の方々にもヨガの効果・メリットを知ってもらうために、日本人にとって親しみがありスポーツ業界でもよく用いられる「心・技・体」を軸に考えてみます。

小中高生がヨガをする効果・メリット

私自身もこどものころからやっていればよかった〜と思うことがよくあります。
≫こどものころからヨガをやってたらよかったなーと思う3つの理由

勉強や他の習い事で忙しい方々も多いかもしれませんが、ヨガは主に新しいものを押し付けるのではなく、いま行ってしまっている余計なこと(癖)を手放すためのテクニックを教えてくれるものです。

姿勢やフォームの崩れ、技術が向上しないこと、病気や怪我をしやすいこと、メンタルがコントロールできなくなることなどは、ついついやってしまう「悪い癖」によるところが大きいです。

ヨガの効果・メリットを考えるとき、「心・技・体」についてそれぞれ「悪い癖を手放したらどうなるか」と考えてみると、分かりやすいと思います。

「体」の効果

  • 姿勢改善
  • 骨盤調整
  • 自律神経を整え、アレルギーを改善
  • 免疫力・自己治癒力を高め、病気をしにくくなる

「技」の効果

  • スポーツの技術・能力UP
  • 正しく美しいフォームになる
  • 怪我をしにくくなる

「心」の効果

  • 集中力UP
  • 洞察力UP
  • 心を落ち着かせコントロールする能力
  • 自己分析して、自ら一歩を踏み出す行動力
  • 道徳心、他者・そして自分自身への優しさ

「心・技・体」は個別に高めるのでなく、バランスが大切

「心・技・体」は3つ独立した能力ではなく、すべて関係しあっています。
どれかが失われれば全体が崩れる、バランスをとりながら高めていくものです。

ヨガを行っていると、自然とバランスの重要性に気づき、バランスのとれた行動ができるようになっていきます。

普段バランスを崩してしまう原因は、やはり「癖」による場合が多いです。
歳を取るほど癖が増えていくことは多いですが、子供たちも姿勢や走り方、そして考え方など、たくさんの癖を持っていますね。

それを「個性」と言ってしまえば良く聞こえるかもしれませんが、本当の個性が発揮されるのを邪魔してしまっている「悪い癖」は手放してしまいたいものです。

「心・技・体」全てをつなぐ鍵、呼吸の癖を改善する

心・技・体、全てをつなぐ鍵は呼吸です。
呼吸が乱れれば、全てが乱れ、健康も損なわれていきます。

≫自律神経を整える片鼻呼吸法

呼吸にも人それぞれ癖があり、それに気づいていない場合がとても多いのです。呼吸を観察することで、たくさんの癖が見つかります。

呼吸の乱れによるスポーツや生活への影響の例

  • 呼吸が浅くなると、筋肉が緊張して動きが小さくなり、肩こりなどにもつながる。
  • 呼吸を止め続けると、無駄に緊張してしまい動きが悪くなる(特殊な呼吸法や特殊な姿勢をキープしたりする場合には、息を止める技術も活用します)。
  • 呼吸の癖が読まれると、対戦相手に動きが読まれやすくなる。
  • 眠りたい時に、呼吸が速く浅いままだと眠りに入れない、あるいは浅い睡眠になる。

行動と呼吸を連動させることで、美しく効率的に動けて、楽に日常生活を送ることができるようになります。

呼吸を観察しコントロールするヨガのテクニック

ヨガでは呼吸を観察する瞑想、そして呼吸に合わせて動くヴィンヤサなど、呼吸の癖に気づいて改善していくテクニックがたくさんあります。

ヨガは薬やドーピングのように即効性が期待されるものではありません(人によってはすぐに効果が出る場合もありますが)。

しかし、一時的な効果ではなく根本的に「心・技・体」を変えていくことができます。

小さな変化を楽しみながら、続けていってみてください。

≫瞑想は集中力と洞察力を高める

≫代表的なヴィンヤサフロー「太陽礼拝」

 

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金および遠隔で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。