オンライン個別レッスン 目的別メニュー
「クンダリニー・タントラ」を読む【23】第1章 12節-1:覚醒に伴う経験

「クンダリニー・タントラ」を読む【23】第1章 12節-1:覚醒に伴う経験

経験したことのない様々な兆候に対して、心乱されないように

「KUNDALINI TANTRA(クンダリニー・タントラ)/Swami Satyananda Saraswati(スワミ・サティヤナンダ・サラスワティ)著」を読み進めていく形で、クンダリーニヨガの概要を紹介していきます。

「Kundalini Tantra 英語版 ペーパーバック」 Swami Satyananda Saraswati (著)

「Kundalini Tantra 英語版 Kindle」 Swami Satyananda Saraswati (著)

用語:クンダリニー(クンダリーニ)
用語:チャクラ
用語:ナディ(ナーディー)

これらは今は誰もが見えるもの・感じ取れるものではないので、扱うのが難しい分野ではありますが、心身の改善のためにも、ヨガのポーズや瞑想を洗練させるためにも、そしてさらなる進化のためにも、これらの「見えないもの」も注意深く研究して、気づきを磨いていくと良いかと思います。

参考:クンダリニーヨーガ(クンダリーニヨガ)の研究まとめ

今回は、第1章の12節の前半、クンダリニー覚醒に伴う経験に関する部分です。

以下、引用部分の太字強調は私が個人的に重要と思ったところを示したものです。

この記事の目次

変化の兆候に気づく

The awakening of kundalini is like a great explosion which transports a person into another plane of being. No matter which spiritual path you follow, you must eventually reach this domain. Ordinary consciousness and transcendental consciousness cannot be maintained at the same time; it is necessary to pass through an intermediate zone of change, where perceptions, feelings and experiences undergo a transformation. The adventure is always the same; it is a journey through the border region between the known and the unknown. At this time it is very important to recognize that this explosion signals a profound alteration in consciousness. The complete process of awakening is comprised of several stages, as the kundalini rises and passes through the various chakras. It takes quite some time to become fully stabilized, but if one has a good understanding, the transition process can be managed without any serious difficulties.

クンダリニーの覚醒は、人の意識を新たな次元へと移行していく爆発的な変化をもたらしますが、その兆候は少しずつ現れてくるといいます。

そういった兆候について十分知っておくことは、行法を進めていく上で心乱されないようにする上でも重要なことでしょう。

一般的な意識状態と、超越した意識状態は、同時に存在することはなく、またその間には移行期間のようなものがあります。しっかりと理解して臨めば、そのような移行期間に現れる様々な兆候に対しても、困難なく乗り越えていくことができるといいます。

様々な種類の経験

ここから、様々な経験について述べられていきます。

一般的な感覚からすると、幻覚をみているようで、もしそれを人に話したら精神異常を疑われるようなものもあるかもしれません。

とはいえそういった超常的なビジョンや音などを生み出す機能が、脳の中にあるというのは確かであり、通常生活では抑制されてはいますが、眠っていた脳の一部が目覚める可能性は誰にでもあるということは理解しておくと良いでしょう。

様々な兆候の中が現れる中で、性や食に対する執着が少しずつなくなっていくともいわれます。

The preliminary awakening of kundalini is followed by the experience of light in bhrumadhya, the eyebrow center.

「眉間に光がみえる」というのは、覚醒の前段階によく起こる現象のようです。

こういった現象が起こる原理は、視細胞や神経の構造をよく観察すると、ヒントがあるかもしれません。視るための機構は、外からの光を受容するだけでなく、脳の方から送られた情報を視覚化することもできるようになっているようです。

There is another prior warning which heralds the awakening of kundalini. In yoga and tantra it is very clearly indicated that when ida and pingala flow simultaneously for a long period of time, and sushumna begins to flow, then it is time to prepare for a spiritual event.

Therefore, one should be conversant with swara yoga, the science of the breath cycle, and keep a close watch over the breathing process. The breathing pattern in the nostrils normally changes every fourth day, according to the cycles of the moon, but when both nostrils have been functioning equally well for at least fifteen days, that is an advance warning of an impending spiritual breakthrough.

左右の鼻腔の呼吸パターンは、通常は月のリズムに従って4日ごとに変わるが、それが両鼻が均等に働くようになり少なくとも15日間その状態が続くと、それはスピリチュアル的な変容がある重要なサインであると説明されています。

When the actual awakening occurs there is an explosion in the realm of experience and there are symptoms which are sometimes very difficult to understand. The most unique and common experience is the release of energy like an electric shock from the bottom of the spinal cord, as if it were connected to an electrical power point. This may be accompanied by a burning sensation in mooladhara chakra and energy passing up and down through sushumna.

背骨を伝わって、電流のような感覚が上がっていくのを感じることもよくあります。

Sometimes you hear drums, flutes, bells, birds, celestial music, or you may even think you can hear peacocks singing. You may have a very momentary sensation of sitting outside in the middle of a monsoon shower, and there can also be the sensation of dark clouds in continual movement overhead and the sound of thunder.

太鼓や笛や鐘の音、鳥のさえずり、神聖な音楽、孔雀の鳴き声などが聞こえることがあります。不思議なことですが、私も何度も経験があり、一体いつから、どこから鳴っていたのだろう?というような音の洪水のような中にいたという感覚を得ることがあります。ものすごい音なのですが、うるさくて不快という感じではなく、たしかに「神聖な」あるいは「荘厳な」といった雰囲気を感じます。

豪雨の中にいるような感覚になったり、暗雲の中で雷鳴を聞くような感覚になることもあります。

At times your body feels so light and you may even visualize your spinal cord as a fluorescent light. It is common to feel illumination within, as if hundreds of little lights were burning inside your body. This is one side.

体がとても軽く感じ、背骨が蛍光灯のように光るのを視たり、身体の中に数百もの小さな光が燃えているのを視るということもあります。

The other side is that all the anger, passions and suppressions come out. Sometimes you are so filled with fear that you can’t sleep, sometimes for days together you have nothing in your mind but sex, at other times you can’t think of anything but food. However, all these symptoms pass within a few days or weeks.

怒りや感情、抑圧などが現れてきて、恐怖のあまり眠れなくなることもあったり、性や食に関することしか考えられなくなる時期もあったりしますが、それらは数日か数週間の間に過ぎ去っていくといいます。

Some people obtain psychic powers. They develop clairvoyance, telepathy, clairaudience, psychotelekinesis, the ability to heal, etc., and this brings a lot of temptations. However, this is a phase and it will pass away.

一部の人には超能力が現れることもあり、それはとても魅力的なことのように思えますが、そういった時期もいずれ過ぎ去っていくといいます。

Sometimes you don’t feel like eating for days together. You may not have any appetite for fifteen to twenty days, and even if people try to force you to eat, you just can’t. There is sometimes a feeling of nervous depression, and you may just want to sit, or you may feel restricted and closed in. There is a detachment from the normal emotions of life; for days together you may live a life of utter dispassion. Nothing is interesting in life and everything and everybody seems as dry as a desert. But at the same time, the mind becomes very dynamic and appears to be formless. Various sensations, poetic emotions and artistic perceptions also occur, such as visions of angels and divinities. All kinds of things can emerge from the depths of the mind. However, these are just a few of the symptoms you may experience, but all of them pass away quickly.

The storm always settles and then the yogi lives a very normal life. Externally his life seems the same as anybody else’s but his inner awareness is far greater and more vast.

15〜20日の間も全く食欲がなくなることもあります。テンションが下がり、全てに興味がなくなって、ただ坐っていたくなる時期が来ることもあります。そんなときも、心には変容が起こっています。詩的な感情や芸術的な感覚が起こってきたり、天使や神のビジョンを視ることもあるといいます。それらは心の深いところから湧き上がってくるものであると説明されています。

そういった嵐のような兆候もすぐに過ぎ去り、一般の人々と同じように生活するようになっていきます。見た目は同じようにみえますが、その内面では大きな変容が起こっているということです。

頭痛と不眠症に関して

Some aspirants experience terrible headaches when kundalini is awakening, however, this does not mean that all headaches are related to kundalini. And not everybody will have headaches. Generally, those who have had married life do not have this experience. It is usually only those who have not had any kind of sexual interactions who experience headaches with the advent of kundalini awakening.

There is also another explanation about headaches. One-tenth of the brain is active and nine-tenths are not. In some cases, when the silent areas of the brain begin to wake up, the first symptom is headache. People have equated this experience with labor pain. Just as a woman experiences labor pain when she is about to give birth to a child, when the silent areas of the brain are about to become active and you are giving birth to spiritual consciousness, there is also pain.

Therefore, one has to bear with this pain for some time, but it will inevitably settle down. Of course you can reduce the pain by adjusting your diet and lifestyle, but under no circumstances should you use sedatives, aspirins or pain relieving pills.

クンダリニー覚醒に伴う「頭痛」に関しては、少し細かく触れられています。

頭痛は全ての人に起こるわけではなく、結婚して性生活をしている人には起こらず、性交渉を全く行っていない人には起こりやすいと説明されています。

頭痛の原理として、脳の中の通常使われていない90%の部分が使われ始めることによって、起こることがあるといわれます。人々はこれを、働きすぎによる頭痛と勘違いすることもあります。あるいは女性が妊娠して出産するときにも、脳の通常使われていない部分が使われているので、頭痛が起こることがあり、しかもそれはスピリチュアル的な覚醒につながる可能性もあるといいます。このあたりを考えると、マタニティヨガというのは実はとても重要な機会になる可能性があると思います。

こういった原因で起こる頭痛に対しては、食生活や生活習慣を変えることによって軽減することができますが、頭痛薬などは避けるべきであると指示されています。

It is also likely that an aspirant will experience insomnia. However, yogis don’t call it insomnia. They say, ‘Why should I sleep?’ If you love a person very much and he stays with you and does not allow you to sleep, will you call that insomnia? So, all the people who do not sleep are not yogis. Only those people are yogis who do not sleep and are happy about it, because yogis have an entirely different attitude. They say one-third of life is wasted in sleeping.

So, when kundalini awakens in a yogi and consciousness is constant and consistent, and there is no waking, sleeping and dreaming, they are very happy about it. Therefore, insomnia does not usually bother a person who has awakened kundalini. However, if you are disturbed by your inability to sleep, you should never resort to sleeping pills or tranquillizers. It is also not necessary that you practise yoga to induce sleep. Just accept your sleeplessness and enjoy it. You can do japa or meditation or just do some spiritual reflection. If this is not possible, just lie down and let it happen as it will.

「不眠症」についても少し細かく触れられています。しかしヨーガ実践者にとってはそれは「不眠症」ではなく、「眠る必要がないから眠らない」ということです。そのような状態になれれば、睡眠に使っていた人生の3分の1の時間を、もっと有効に使えるかもしれません。

そのとき、通常の人にとっては「起きている・寝ている・夢をみている」という意識の分断があった人生が、より一貫した意識をもって過ごすことができるようになります。

眠れない時期が来たとしても、睡眠導入剤や精神安定剤などに頼ることは避けるべきでしょう。眠れないことをストレスに感じるのではなく受け入れて、ジャパ(マントラを唱える)や瞑想をしたり、スピリチュアル的に湧き上がってくることをしたり、あるいはただ横になって何かが起こるのを待っているのも良いであろう、と説明されています。

ここまで来ると、いわゆる「三大欲求」にも心を乱されることがなくなっています。

次記事:「クンダリニー・タントラ/サティヤナンダ(著)」を読む【24】第1章 12節-2:様々な超常的経験の意味を見極める

前記事:「クンダリニー・タントラ/サティヤナンダ(著)」を読む【22】第1章 11節:下降するクンダリニー

参考文献

「Kundalini Tantra 英語版 ペーパーバック」 Swami Satyananda Saraswati (著)

「Kundalini Tantra 英語版 Kindle」 Swami Satyananda Saraswati (著)

「密教ヨーガ―タントラヨーガの本質と秘法」本山 博 (著)

「クンダリニー」ゴーピ・クリシュナ (著), 中島巌 (翻訳)

「Asana Pranayama Mudra Bandha 英語版」Swami Satyananda Saraswati (著)

男性ヨガインストラクター 高橋陽介の写真

高橋陽介

お読みいただきありがとうございます。より深めたい方には、オンラインプライベートレッスンを行っています。

料金:4,000円/30分(以降2,000円/15分)
ご予約:オンラインレッスンスケジュール

事前にLINE・メールで内容をご相談いただけます。

LINEのアイコン公式LINE  メールでお問い合わせ

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。

サイト内検索

コラムを探すページへ