中央区佃(月島)のヨガ&ピラティススタジオ
少人数・プライベート・オンラインレッスン

ヨガ用語辞典 一覧 記事・レッスンを探す

クンダリニー(クンダリーニ) kuṇḍalinī

梵:कुण्डलिनी kuṇḍalinī
英:serpent power, spiritual energy…

クンダリーニ・蛇の火。

第1チャクラ(ムーラダーラチャクラ)に、3回半とぐろを巻いて眠っている蛇として喩えられる、根源的な生命エネルギー。シャクティ(蛇の女神)とも呼ばれる。

G.S.アランデール氏は、「螺旋を有するもの」を意味する kundalin、「焼く」「燃える」を意味する kund (クンド)、「皿」「穴」を意味する kunda (カンダ)が、Kundalini の語根であるとしている。

ヨーガや神智学、サマエル・アウン・ベオール氏やグルジェフ氏など、様々な神秘学においてクンダリニーの存在が語られている。

ハタヨーガは、クンダリニーを目覚めさせることを重要な目的としている。そのために、アーサナ・プラーナーヤーマ・バンダ・ムドラーなどの技法が用いられる。

クンダリニーが目覚め、中央脈管(スシュムナーナディー)を上昇すると、各チャクラが賦活されていくと言われる。

関連記事

関連用語

参考書籍

 

ヨガ用語辞典へもどる

サイト内検索

記事を探すページへ