少人数・プライベート ヨガ&瞑想スタジオ
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾)

ヨガ・アーユルヴェーダ用語辞典 一覧へ

アーサナ(アサナ)

梵:आसन āsana
英:sitting, posture, abiding…

坐法・姿勢

アシュタンガ(8支則)における第3段階。現代では一般的にヨガポーズのことをアーサナと呼ぶ。

瞑想を主とするラージャ・ヨーガの教典とされるヨーガ・スートラ(4〜5世紀)では、アーサナに関しては「快適で安定していること」とだけ記されていて、具体的に坐法やポーズなどは示されていない。

現代ヨガの元になったハタヨガの教典のひとつとされるハタ・ヨーガ・プラディピカー(15〜16世紀)では、第1章はアーサナから始まっており、坐法も含まれる十数種類のアーサナが具体的に示されている。その後、ハタヨガを元にして体を扱う様々なヨガが生まれ広まっていった。

関連記事

ヨガ用語辞典へもどる