中央区佃(月島)のヨガ&ピラティススタジオ
少人数・プライベート・オンラインレッスン

オンラインレッスン 目的別メニュー
陰ヨガのアーサナで集中力を維持するコツ

陰ヨガのアーサナで集中力を維持するコツ

瞑想と同じ、集中と気づきを働かせて姿勢を維持する

陰ヨガのアーサナ実践の原則

陰ヨガのアーサナを行う際の原則として、Bernie Clark氏は下記の3つを挙げています。

1. Come into the pose to an appropriate depth.
2. Resolve to remain still.
3. Hold the pose for time.

出典:Clark, Bernie. The Complete Guide to Yin Yoga

訳すと、

1.適切な深さでアーサナに入る

2.姿勢を保持することを心がける

3.ある程度の時間、保持し続ける

1はヨガ全般に言えることですが、陰ヨガで重要なのは、ある程度の時間キープし続けるということです。

この「ある程度の時間」はどのくらいかというと、人それぞれ、状態によっても異なりますし、アーサナによっても異なります。人と同じようにやろうとする必要はありません。

目安としては、アーサナに慣れていないうちは1〜2分程度から始めて、徐々に長くしていき、3〜5分程度にしていくと良いでしょう。

参考:陰ヨガとリストラティブヨガの違い

一人で練習しているとき、長時間キープできない場合

ある程度キープし続けていると、少しずつ体の深部に変化が生まれてきます。

とはいえ、一人で練習していると、1分じっとしているのも難しい!という人も多いことでしょう。

瞑想と同じで、姿勢をキープするには集中力が要ります。

集中力が伴ってある程度キープできたら、少しずつ変化への気づき(マインドフルネス)が生まれてきます。

なので、数息観(呼吸を数える瞑想)と同じように「数をかぞえることに集中する」というのを試してみましょう。

  • タイマーをセットして、呼吸を数える
  • 頭の中で秒数を数える

どちらでも良いと思います。私は最近は秒数を数えるほうで行っています。

たとえば2分間行うと決めたら、1〜120まで頭の中で数え続けます。120まで数えたら、次のアーサナに向かいます。

雑念が生まれたら、また戻ってくる。瞑想の練習と同じです。

≫陰ヨガアーサナ解説一覧

参考文献

男性ヨガインストラクター 高橋陽介の写真

ご質問・ご相談されたいことなどございましたらご連絡ください。
月島白金高輪でのスタジオレッスン、企業向けレッスンオンラインプライベートレッスンを行っています。

LINELINEでのご質問などはこちら

スタジオ概要 スケジュール 料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。

サイト内検索

記事を探すページへ