少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

ラジャス

梵:रजस् rajas
英:impurity, dimness, affection, clouds…

激質・激性・不純

現実世界を生み出した元素であるプラクリティを構成する要素、グナのひとつ。

サットヴァ(純性)
ラジャス(激性)
タマス(惰性)

これらの3つをトリグナと呼ぶこともある。

もともとはサットヴァで均一であった意識に、ラジャスとタマスが生まれたために、様々な苦をもたらす現実世界が生まれた。

ラジャスが高まると、心は様々な対象へと揺れ動き、集中・瞑想・三昧からは遠ざかる。

ドーシャとの関係では、ヴァータとピッタがラジャス性。

関連記事

関連用語

ヨガ用語辞典へもどる