少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

ビージャ(ビジャ)

梵:बीज bīja
英:seed, truth, origin, source, element…

種。

ヨーガやマインドフルネスにおいては、「今」その瞬間に、未来に起こることの「種」が全て存在していると定義する。

宇宙がビッグバンによって始まったとしたら、今存在しているもの全ての種がそこにあったことになる。

そのため、未来に起こる苦を滅するためには、今存在している種を焼き尽くす必要がある。このような状態をヨーガスートラでは無種子三昧(ニルビージャ・サマーディ)と呼ぶ。

また、様々なマントラ(真言)の元になる「種字」は密教(日本では真言宗など)において特に重要とされ、種字真言(ビージャマントラ)と呼ばれる。ヨーガでは各チャクラにも下記のようにビージャマントラが割り当てられ、チャクラ瞑想の際に唱えたり頭の中で種字(サンスクリット文字)を思い浮かべたりする。

最重要のOMもビージャマントラの一つ。

第1チャクラ:ムーラダーラ 「LAM」
第2チャクラ:スヴァーディシュターナ 「VAM」
第3チャクラ:マニプーラ 「RAM」
第4チャクラ:アナーハタ 「YAM」
第5チャクラ:ヴィシュッダ 「HAM」
第6チャクラ:アージュニャー 「OM」or「SHAM」
第7チャクラ:サハスラーラ 「OM」or 無音

関連記事

関連用語

ヨガ用語辞典へもどる