中央区佃(月島・勝どき)のヨガ&ピラティススタジオ
少人数・プライベート・オンラインレッスン

オンラインレッスン 記事を探す
マインドフルネスの「あるがまま」は「いまのまま」とはちょっとちがう?

マインドフルネスの「あるがまま」は「いまのまま」とはちょっとちがう?

『現状』と『可能性』を客観的に把握して、一歩一歩進む

マインドフルネス瞑想などでも「あるがまま」「いま、ここに集中」などと言いますが、たまに「いまのままで満足しましょう」と混同されがちですね。

いまのままではなく何か変わりたいと思うから、人はヨガや瞑想をしたり、ジムに通ったりします。
ただ、無理に「こう変わりたい」と思い込んだり、急いでそこへ向かおうとしたりしないようにしようということですね。

「あるがまま」の捉え方としては、「自分の『現状』と、本来あるべき姿へ変わっていく『可能性』も含めて、客観的にみる」というのがよいかとおもいます。

「いま、ここに集中」の捉え方としては、結果に執着しない・期待しないで、方向性だけは確認しながら、1歩1歩すすむその足取りに集中することですね。

男性ヨガインストラクター 高橋陽介の写真

ご質問・ご相談されたいことなどございましたらご連絡ください。
月島・白金高輪でのスタジオレッスン、企業向けレッスンオンラインプライベートレッスンを行っています。

LINELINEでのご質問などはこちら

スタジオ概要 スケジュール 料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。

サイト内検索