少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× 記事を探す
「◯◯しないように」という指示は貴重なヒント

「◯◯しないように」という指示は貴重なヒント

うまくいかないときは「余計なことをしすぎている」ことが多い

物事がうまくいかないとき、「なにかが足りない」というよりも「余計なことをしすぎている」場合がとても多いです。

情報が多すぎる中、余計なことを考えすぎてしまって、前に進めないということも多いでしょう。

ヨガのポーズを正しく進める上でも、「◯◯しないように」(例:余計な力を入れないように)というインストラクションを受けることがよくあると思います。

それに対して「なんだかいろいろ禁止されているようで、窮屈だなあ」と思わないでください。

余計なことをしないようにすれば、余計なエネルギーを使わず、本当に必要なことへエネルギーを集中できます。

外側の筋肉の力を抜けば、本当に必要な内側の筋肉をうまく使うことができます。

余計なことを考えるだけでも、脳にとって大切なエネルギーを結構消費しています。

やらなくていいことは、やらなくていいのです。
それを積み重ねていけば、シンプルで無駄のない美しい振る舞いができるようになります。

ただ、方向性が分からない中で、「◯◯しないように」とだけ言われ続けているのは不安ですね。
たとえば新しい職場で、何をしていいのか分からないうちに「◯◯しないように」だけ言われていたら、ただのストレスです。

方向性(ディレクション)」と「抑制(インヒビション)」を合わせて行っていくことで、進むべき方向へ「集中」「瞑想」していくことができます。

どうしても方向性がわからない!という人は、まず「◯◯しない」を繰り返して余計なことをしないようにしていってみると、必ず自分の中から湧き出してきます。人はそういうふうにできているのだと思います。

参考:ヨガとアレクサンダー・テクニークの似ている点

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金および遠隔で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。