中央区佃(月島)のヨガ&ピラティススタジオ
少人数・プライベート・オンラインレッスン

オンラインパーソナル講座 記事・レッスンを探す
ブラーマリー・プラーナーヤーマ(ハミングビーブレス・蜂の呼吸法)の効果・やり方

ブラーマリー・プラーナーヤーマ(ハミングビーブレス・蜂の呼吸法)の効果・やり方

ハミングで頭の緊張を解き、心身を整える

「蜂の羽音」という意味の呼吸法、ブラーマリープラーナーヤーマ(ブラーマリー呼吸法)。音を用いる特殊な呼吸法です。

耳を塞いで、ハミングする音を頭のなかに響かせることで、頭の深い部分にあった緊張を解き、頭痛や耳鳴りの改善につながるとされています。

NHKの「あしたが変わるトリセツショー」では、「ハミングビーブレス」という名前で、脈拍をコントロールする呼吸法として紹介されていました。

この記事の目次

ブラーマリープラーナーヤーマの効果

  • 頭痛の改善
  • 耳鳴りの改善
  • ストレス解消
  • 自律神経を整える→脈拍や血圧などのコントロール

ブラーマリープラーナーヤーマの禁忌・注意点

中耳炎・外耳炎など耳の病気を患っている人は、治るまで避けましょう。

心臓病などの持病のある方は、息を止めずに行います。

ブラーマリープラーナーヤーマのやり方

1)快適で安定した坐法で坐る

シッダーサナ、パドマーサナ、スカーサナヴィラーサナなど、瞑想にも適した長時間キープできる坐法で坐ります。背骨が直立して伸びていれば、どんな坐法でも大丈夫です。

2)手で耳をふさぐ

手の使い方としては、目を覆うやり方と、覆わないやり方があるようです。

写真は、目を覆うやり方で行っています。目を覆う場合は、親指で耳の穴を押さえてふさぎ、目は力まないように閉じ、残りの四本指でやさしくまぶたを覆います。

目を覆わず耳の穴だけふさぐ場合は、人差し指か中指で耳の穴をふさぎ、目は力まないように閉じます。

3)口をやさしく閉じ、歯は少し離す

あごはリラックスして口をやさしく閉じ、歯は噛み合わせず少し隙間をあけておきます。これによって、音を頭に響かせやすくなります。

4)ハミングする

意識はなるべく頭の真ん中(アージュニャーチャクラ)に置きます。

鼻から息を吸って、吐く息のときに「ン〜」とハミングします。「ソフトでまろやかな音」を出すようにします。

音の高さは、いろいろ変えて試してみると良いでしょう。頭蓋骨が心地よく振動するように、気持ち良いと感じる周波数に調整します。

上級者用のやり方

慣れてきたら、息を吸ったあとに止めて、ムーラバンダとジャーランダラバンダを行うやり方もあります。吸う息のときとクンバカ中は、手は耳にセットせず膝の上に置いています。クンバカのあとに、バンダを解いて頭を起こしてきたら手をセットして、ハミングを行います。

さらに、吸う息のときにもハミングを出すやり方もあります。ウジャイ呼吸の要領で、のどの奥を少ししめるようにして息を吸うと、吸う息のときも音を鳴らすことができます。一定の音を出すには練習が必要かもしれません。(最初インドで先生に見せてもらったとき、なんで音がずっと鳴ってるの??と不思議に思ったものです。)

5)繰り返す

5〜10セット程度行った後、自然な呼吸に戻します。

ブラーマリープラーナーヤーマのコツ・練習法

「蜂の羽音」というのが人によってイメージが様々かもしれません。

蜂というと攻撃的なイメージもありますが、ここで使うハミングは「ソフトでまろやか」というのが良いとされています。

うまく行うには、以下のようなポイントがあるかと思います。

  • 吐く息の間中、なるべく一定の強さ・高さの音を出すようにコントロールする。
  • 頭が振動するような、心地よい周波数の音を探す(耳鳴りの音がヒントになるかもしれません)。
  • 頭全体、顎や喉、おさえている手などもすべて力まないようにして、音の響きがよく伝わるようにリラックスしておく。
  • おだやかな心で、ソフトでまろやかな音を出すようにする。

音とセルフケア

音(振動)というのは、人の健康を考える上ではとても重要な要素であると思います。

心地よい音を聞いているだけで、心身は整っていきます。

逆に、心地よくない音が耳に入るのをなるべく避けるようにしましょう。無意識に、頭を固めてしまっていることが多いです。

都会を離れて自然の音を聞きに行くであるとか、オーケストラを聞きにいくなど、良い音を聞いて心身を整える機会を作ってみるのも良いでしょう。

ブラーマリー呼吸法のように、自分の声を、自分を整えるために用いる技もいろいろあります。お経を唱えるとか、歌をうたうというのも立派なセルフケアになります。

プラーナーヤーマ名の表記バリエーション

【日】ブラーマリープラーナーヤーマ、ブラマリープラーナーヤーマ、ブラーマリー呼吸法、ブラマリー呼吸法、蜂の呼吸法、蜂の羽音の呼吸法、ハチの呼吸法、ハチの羽音の呼吸法
【梵】Bhramari Pranayama
【英】Humming Bee Breathing, Humming Bee Breath, Bee Breath

男性ヨガインストラクター 高橋陽介の写真

ご質問・ご相談されたいことなどございましたらご連絡ください。
月島・白金高輪でのスタジオレッスン、企業向けレッスンオンラインプライベートレッスンを行っています。

LINELINEでのご質問などはこちら

スタジオ概要 スケジュール 料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。

サイト内検索

記事を探すページへ