中央区佃(月島)のヨガ&ピラティススタジオ
少人数・プライベート・オンラインレッスン

オンラインレッスン 目的別メニュー
愚痴を言わずに、前へ進むためのヒント

愚痴を言わずに、前へ進むためのヒント

我慢するのが美徳?誰が決めた?

夫の性格や健康状態について、愚痴ばかり言っている人がいました。

その人に建設的なアドバイスをしても、なかなか響きません。

愚痴を言っている自分自身に、執着しているのかもしれません。

「私はいろいろ考えてきたのだから、そんな簡単に解決するわけがない」などという思い込みと変なプライドがあるのかもしれません。

悩んできたことを他人にしゃべって誇り、夫の悪評を撒き散らして、共感と称賛を求めている。具体的なアドバイスなど出しても、がんばって悩んできたのを否定することになるので、受け付けない。

そのまま一生愚痴を言いながら生きていくんですか?

もし、変わりたいのなら。

ヒントを書いておきます。

100%敵意を向けず、100%誠実に伝える。

我慢するのが美徳?本当にそうなら、100%迷わず、我慢すればいいでしょう。

そのままでは、ストレスのせいで、あなたもいつか病気になるかもしれません。

それは相手にとっても望ましいことではないでしょう。

どうしたら、お互いに幸せに生きられるか?

自分はどうなりたいのか、相手にはどうなってほしいのか。

誠実に、話してみるのはどうでしょうか。

しかし思考の癖、行動の癖は、なかなか手強くて変えることは難しいかもしれません。

誠実に話した上で、変えられないのなら、きっぱりあきらめて、今までのやり方に執着せず、何かを変えてみましょう。

台風や地震を止めるのは難しく、秋には枯れ葉が落ちる、人間も自然の一部です。

そのやり方では、自然の流れは変えられなかった、と理解するのも、ひとつの大切な経験です。

愚痴っていても、自分の評価と幸福度を下げるだけです。

いろいろ試して、経験するほうが前へ進めます。

違和感があるなら、放っておかずに、人任せにせずに、何かを変えることを試しましょう。

このヒントが響いたようで、そのご夫婦はお互いに誠実に話すようになり、健康の課題は認識しつつも、お互いやれることをやって、愚痴を他人にもらすことなく、幸せに暮らせるようになりました。

何事にも執着せず、幸せに生きてください。

参考:改めて、非暴力(アヒンサー)と誠実(サティヤ)

男性ヨガインストラクター 高橋陽介の写真

ご質問・ご相談されたいことなどございましたらご連絡ください。
月島白金高輪でのスタジオレッスン、企業向けレッスンオンラインプライベートレッスンを行っています。

LINELINEでのご質問などはこちら

スタジオ概要 スケジュール 料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。

サイト内検索

記事を探すページへ