少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

フレアプラス YouTubeチャンネル
図解 マインドフルネス ―しなやかな心と脳を育てる―|書籍紹介

図解 マインドフルネス ―しなやかな心と脳を育てる―|書籍紹介

マインドフルネス瞑想の本の中では、図が多くてとっつきやすい

セルフケアやヨーガの勉強などのために、私が読んできた書籍を紹介していきます。

今回は、「図解 マインドフルネス ―しなやかな心と脳を育てる―/ケン ヴェルニ(著) 中野信子(訳)」です。

この記事の目次

簡単に言うと、どんな本?

マインドフルネスの基礎理論や、その元になった仏教の歴史や考え方、初心者にも実践しやすい瞑想の方法などを紹介した本です。

「図解」とタイトルにあるように、瞑想の解説本の中ではめずらしく図が多用されているカラフルで美しい本です。

どんな人にオススメ?

基本的に瞑想に関する本は、いろいろ試して、今の自分に合ったものを選ぶと良いと思います。

そもそも瞑想でたどり着くのは「言葉で表現できない境地」であり、「ただただ、体験せよ」というものです。

そこに至る過程を可能な限り言葉や図を使って説明しようとしているため、その表現には「著者の体験をもとにしたもの」が多くなります。

「マインドフルネス」という言葉や瞑想に興味がでてきた人にとっては、初心者にもやさしいまとめ方をしているので、とっかかりとして良い本になると思います。

自分のメンタルを整えたい人、誰かに瞑想を教えたい人などにも役立つと思います。

インドから始まり各国へ伝わった仏教とともに広まっていったマインドフルネスを、アメリカでまとめたものを、日本人が訳したもの、ということになるので、もしこの本が自分に合わないと思ったら、より源流に近いものを探してみるのも良いかと思います。

たとえばスリランカのスマナサーラ氏やグナラタナ氏、ベトナムのティク・ナット・ハン氏の本などが有名です。

私個人の読んだ時期・感想

私が瞑想について調べ始めたときに、最初に一番参考にしていたのはアルボムッレ・スマナサーラ氏の本でした。

スマナサーラ氏やグナラタナ氏のスリランカで主流になっているテーラワーダ仏教では、サマタ瞑想(集中の瞑想)とヴィパッサナー瞑想(観察の瞑想)を分けて考え、日本でも天台宗などでは「止観」として同様に分けて考えています。

私は流行りものを追いかけるよりもなるべく源流に近いものを探っていこうと考えていたので、マインドフルネス瞑想を広めたとして有名になっていたジョン・カバット・ジン氏の本や、日本人の書いた本よりも、インドに近いところを探るようにしていました。

流行り始めていた「マインドフルネス瞑想」というのは、どうやら仏教でいうところのヴィパッサナー瞑想に近いものであると感じました。

サマタとヴィパッサナーについては、後にグナラタナ氏の黒い本と赤い本で、より深く学ぶことができました。赤い本は特に難しいので初心者にはオススメしません。ヨーガスートラなどを勉強してから読むと、その集中を深めていく過程に類似性がみえて面白いです。

「ヴィパッサナー」という言葉も、「10日間一言もしゃべらないで合宿する」というゴエンカ氏の手法が有名になっているため、それがヴィパッサナーであると思っている人も多いようです。それはそれでひとつの方法で、いろいろなやり方があります。自分に合ったものを実践していくと良いでしょう。

先にも書きましたが、瞑想でたどり着くのは「言葉で表現できない境地」であり、そのやり方というのは言葉で表せばとても簡単なのです。それを読んで分かった気になるだけでなく「実践する」というのが大事です。

「図解 マインドフルネス ―しなやかな心と脳を育てる―」の目次

  • 1章 マインドフルネスとは(「今この瞬間」を生きる;新しい瞬間、そして新しい自分 ほか)
  • 2章 マインドフルな自分になる(あなたはどんな人?;「瞬間」に心を向けること ほか)
  • 3章 マインドフルネス瞑想法(さあ、はじめよう;混和と調和 ほか)
  • 4章 マインドフルネスを活かした人生(思考のもつれ;心の落ち着き ほか)
  • 5章 あなたを支えるマインドフルネス(学ぶ、そして成長する;あなたが知っていることを知ってもらう ほか)

「図解 マインドフルネス ―しなやかな心と脳を育てる―」の購入先

Amazon

この書籍に関連する記事

関連書籍

ご質問・ご相談されたいことなどございましたらご連絡ください。
オンラインプライベートレッスンも行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。