少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× 記事を探す
ターダーサナが全然別のポーズでビックリした話

ターダーサナが全然別のポーズでビックリした話

言葉に執着せず、そのポーズが意図するものに集中すること

ちょっとしたアーサナ名のネタです。

先日、「正しいアーサナ」に関する記事を書きましたが、インドで習ったポーズがちょいちょい違ってたシリーズのなかでは、「ターダーサナ」がわりと一番ビックリでした。

日本のRYT200では超基本姿勢として最初に習って感動したターダーサナが、インドでシヴァナンダベースのヨガを習ったときは、写真のように全然別のポーズだったんです。つま先立ちで背伸びするポーズですね…。

アイアンガーさんとサッチャナンダさんの本、世界中で参考にされていますが、こういう違いがよく見られます。
≫ハタヨガの真髄

≫Asana Pranayama Mudra Bandha

サッチャナンダさんのターダーサナは、全身浄化のシャンカプラクシャーナ(壮絶すぎてまだ記事に書けてませんが)にも使っていたポーズで、簡単なように見えますが自分の中心軸をしっかり感じることができ、消化器系を刺激するとても良いポーズです。

基本姿勢として習ったターダーサナはMountain Pose(山のポーズ)だったのに対し、こちらのターダーサナはPalm Tree Pose(ヤシの木のポーズ)…そしてシヴァナンダ太陽礼拝にも入っているMountain Poseはまた別で、ダウンドッグに近い逆V字型のポーズ…

知ってる人には大混乱でしたが、知らなければ、それはそれ。
言葉の知識は時に、集中の邪魔をします。

アーサナ名を覚えること自体は、とても良いことだと思います。
サンスクリット語の響きが持つパワーを得たり、そのアーサナが表す動物や賢者などの意味を知ってその姿になりきるという姿勢も有効であると思います。

でも、元々口伝で伝わったもの、いろいろな解釈があるということは受け入れましょう。同じポーズ名なのに前に習ったことと違う!と思っても、そこに執着しすぎないのが良いかと思います。
それぞれ解釈されたポーズにはそれなりの、明確な意図があります。

(というか「ターダ」自体は「山」と「ヤシの木」両方意味するの???とか考え始めたらキリがないのでここではやめときます。サンスクリット語には、1つの語にたくさーんの意味があります。)

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金および遠隔で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。