中央区佃(月島)のヨガ&ピラティススタジオ
少人数・プライベート・オンラインレッスン

機能解剖学事典 一覧 記事・レッスンを探す

内転筋の起始停止・拮抗筋・関連ヨガポーズ・ストレッチ・トレーニング

この記事の目次

内転筋の特徴

股関節内転をおこなう「内転筋群」として、大内転筋長内転筋短内転筋恥骨筋薄筋小内転筋が含まれる。

それぞれが股関節内旋や伸展など、微妙に異なる軸での働きをする。これらの筋肉を使いこなすことで、股関節は繊細な操作をすることが可能である。

現代では外側への意識が強すぎるためか、内転筋が弱っている・固まっている人が多い。内転筋を強化・ストレッチして意識を通すトレーニングを行うことで、姿勢も安定し、体の内側の働きも高まる。

≫内転筋の画像検索

内転筋の主な働き

  • 股関節の内転

主な拮抗筋

股関節の外転

  • 中殿筋
  • 大殿筋(上部)
  • 大腿筋膜張筋
  • 小殿筋

主な協働筋

股関節の内転

  • 内転筋
  • 大殿筋(下部)

内転筋の起始・停止

起始

大内転筋前部(内転筋部):恥骨下枝

大内転筋後部(ハムストリング部):坐骨枝の前面及び坐骨結節

恥骨筋:恥骨櫛

長内転筋:恥骨上枝

短内転筋:恥骨下枝の下部

薄筋:恥骨結合の下前面および恥骨弓上部(坐骨恥骨枝)

停止

大内転筋前部(内転筋部):大腿骨粗線の内側唇

大内転筋後部(ハムストリング部):大腿骨の内側上顆

恥骨筋:大腿骨粗線の近位部と恥骨筋線

長内転筋:大腿骨粗線の内側唇中部

短内転筋:大腿骨粗線の内側唇上部1/3

薄筋:脛骨粗面の内側(縫工筋・半腱様筋とともに鵞足を形成)

内転筋を鍛えるヨガポーズ・エクササイズ例

内転筋をストレッチするヨガポーズ・エクササイズ例

≫筋肉一覧へ戻る

サイト内検索

記事を探すページへ