少人数・パーソナル・プライベートヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

パダングシュターサナ(パーダングシュターサナ・親指をつかんだ立位前屈のポーズ)〜背中や脇の下、お尻・太もも裏・ふくらはぎ、固まりやすいところを解放〜

パダングシュターサナ(パーダングシュターサナ・親指をつかんだ立位前屈のポーズ)〜背中や脇の下、お尻・太もも裏・ふくらはぎ、固まりやすいところを解放〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

シンプルだけど、現代人の固まりやすいところに効くポーズ

パダ(パーダ)は「足」、アングシュタは「親指」。
アシュタンガヨガでは太陽礼拝Bの後にでてくる、シンプルですが気持ち良い前屈ポーズです。

同様な名前で、足の親指を持って脚を伸ばすポーズでウッティタハスタパダングシュターサナという立位のバランスポーズもありますね。

≫ウッティタハスタパダングシュターサナ

この記事の目次

パダングシュターサナの効果

パダハスターサナと同じように、お尻・太もも裏・ふくらはぎ・背中といった体の裏側を一気に伸ばし、さらに手と足で引っ張り合うことによって脇の下を解放します
心臓より頭が下にくるので、逆立ちと同様の効果もあり、とくに上半身の血流を高めます

パダングシュターサナのやり方

ドリシュティ(視点):鼻先

1)ターダーサナで立ちます。吐きながら前屈し、両手の人差し指と中指で両足の親指を巻くようにつかみます。

2)肘を軽く横に張るようにして脇の下を解放し、手と足で引っ張り合うようにして前屈を深めていきます。5呼吸キープ。

3)吸いながら目線を斜め前に移し、吐きながら手を腰に当てて、吸いながら上半身を起こしてターダーサナに戻ります。

シークエンス

・アシュタンガヨガではターダーサナに戻らずに、手のひらを踏んでパダハスターサナにつなぎます。
・片手を腰に当てて、片手は親指をつかんだまま脚を持ち上げ、ウッティタハスタパダングシュターサナにつなぎます。

パダングシュターサナの練習法・コツ

背中をあまり丸めずに、お腹を太ももに近づけるように前屈していきましょう。呼吸がとても重要で、吐く息で「脱力をして」深めていくことも必要ですが、吸う息でお腹を引き上げて背骨を頭の方向へ伸ばすことで「筋肉を使って」深める、という両面で深めていく必要があります

ただぶら下がって止まっているだけではなかなか深まらないので、お腹を細く長く、胸式呼吸を使って一呼吸ずつ深めていきましょう

≫パダハスターサナ

≫アシュタンガヨガ(ハーフプライマリー)のアーサナ順番

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは東京都中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な人の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。