少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× 記事を探す
バドラーサナ(サッチャナンダ版・吉祥坐)〜骨盤周りのストレッチ・足首調整〜

バドラーサナ(サッチャナンダ版・吉祥坐)〜骨盤周りのストレッチ・足首調整〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

膝を痛めないように、自分に合った形で少しずつ深める

骨盤周りを柔軟にし、瞑想にも適している坐法のひとつ。

「バドラーサナ」と呼ばれているポーズはいくつかあるようで、ハタヨーガプラディピカーで示されているバドラーサナは、現代のバッダコーナーサナやゴーラクシャーサナのような形で、別のアーサナを表しているようです。

≫ハタヨーガプラディーピカーの18アーサナ簡単解説

ここでは、サッチャナンダ氏がバドラーサナと呼んでいるアーサナを紹介します。

この記事の目次

バドラーサナの主な効果

  • 大腿四頭筋など脚の前側全体のストレッチ
  • 股関節内旋の柔軟性UP
  • 骨盤調整
  • 足首の歪み調整・柔軟性UP

バドラーサナの禁忌・注意点

太ももの筋肉・膝・足首などを痛めている方は避けましょう。

自分の柔軟性に合わせて、脚を開く角度をせまくしたり、お尻の下に畳んだ毛布を敷くなどして調整します。

バドラーサナのやり方

1)正座(ヴァジュラーサナ)で坐り、膝をできるだけ開きます。

2)足をお尻のすぐ横に置けるように股関節を内回しして、可能であればお尻は床におろします。骨盤が後ろに倒れないように、姿勢をキープします。両足の親指同士が軽く接するところまで膝が開けるようにしていきます。

バドラーサナを深める方向性

  • お尻が床につけられるように、股関節・足首を柔軟にする。
  • 膝をなるべく開き、親指同士が接するようにする。
  • 姿勢をキープして、できるだけ長い時間坐っていられるようにする。

バドラーサナのコツ・練習法

太もも前側の筋肉(大腿四頭筋)をストレッチ

まずは膝をしっかり曲げる必要があります。そのために、太もも前をストレッチしておきます。

下記のような形(半分の割座)でストレッチするのが効果的です。仰向けが難しければ、立って壁に手をつきながら行う形(体育などでよくやっていた形)でも良いでしょう。

股関節内旋・足首底屈を柔軟に

バトラーサナは、割座から膝を開いた形です。膝を開くことによって、太もも周りでストレッチされる筋肉が微妙に変化します。

膝を開き、親指同士が接するようにしていくためには、股関節を内旋する柔軟性と、足首を伸ばす(底屈)柔軟性がより必要になります。

割座(ヴィラーサナ)陰ヨガのサドルポーズなどで練習すると良いでしょう。

≫割座(ヴィラーサナ)

≫サドルポーズ

カウンターポーズも合わせて練習

股関節を外回しするアルダシッダーサナや、シューレースポーズアグニスタンバーサナなどを合わせて練習すると、バランスよく股関節周りを柔軟にしていき、骨盤の偏りを防ぐことができます。

≫シューレースポーズ

シークエンス例

  • 一度脚をほどいて長座(ダンダーサナ)の形にしてから、片脚はアルダシッダーサナの形、もう片方はバドラーサナの形にして、サイタリヤーサナにつなぎます。
  • 同様に片脚を蓮華座の形にしてツイストすると、バラドヴァージャーサナにつながります。膝を痛めないように、一度脚をほどいて長座にもどってから行うと良いでしょう。
  • より強力に大腿四頭筋をストレッチするベーカーサナなどにつなげます。

≫サイタリヤーサナ

≫ベーカーサナ

アーサナ名の表記バリエーション

【日】バドラーサナ、吉祥坐
【梵】Bhadrasana
【英】Gracious Pose

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な方の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。