少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× ご予約・お問い合わせ
ピンダーサナ(胎児のポーズ)〜蓮華座をさらに深め、消化力を高める〜

ピンダーサナ(胎児のポーズ)〜蓮華座をさらに深め、消化力を高める〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

膝をただ腕で抱えこもうとするだけでは、うまくいかない

ウルドゥヴァパドマーサナ(上向きの蓮華座)から、蓮華座を深めながら膝を胸に抱え込んでいくポーズ。

≫ウルドゥヴァパドマーサナ(上向きの蓮華座)

この記事の目次

ピンダーサナの主な効果

  • 股関節外旋の柔軟性UP
  • 腸腰筋強化(太ももをお腹に引き寄せる)
  • 血行促進、頭痛・肩こりの改善
  • 消化器系の活性化
  • 甲状腺の活性化

蓮華座のカカトが下腹部を圧迫するため、消化器系の内臓を刺激し活性化します。

ピンダーサナの禁忌・注意点

首・肩、股関節などを痛めている場合は避けましょう。

このポーズの前に、安定してウルドゥヴァパドマーサナ(上向きの蓮華座)が行えるように練習します。

蓮華座が浅い状態で無理に腕を使って引き寄せようとすると、太もも裏を痛めることがあります。まず蓮華座を深めることを目指しましょう。

ピンダーサナのやり方

1)サーランバサルヴァンガーサナ(肩立ち)ハラーサナの状態から、ウルドゥヴァパドマーサナ(上向きの蓮華座)の形になります。吐きながら、蓮華座を深めつつ膝を胸に引き寄せます。

2)腕を脚の外側から回して、ふくらはぎの向こう側で手をつかみます。5呼吸(アシュタンガヨガでは8呼吸)キープ。

3)吸いながら手をほどき、蓮華座を解いて肩立ちの状態に戻ります。吐きながら、背骨の上から順番にゆっくり背中を床に下ろしていき、シャヴァーサナで休みます。

ピンダーサナを深める方向性

  • 肘を使わずに、後頭部と両肩だけで立てるようにする。
  • 太ももをお腹に近づけ、脚を腕で抱えこんで手をつなげるようにする。

ピンダーサナのコツ・練習法

ウルドゥヴァパドマーサナの段階で、手で背中を支えていないと耐えられない場合は、ピンダーサナも手を使わずに膝を胸に近づける動作だけ練習します。

膝をただ腕で抱えこもうとするだけではうまくいかないので、蓮華座をしっかり深めようとしていくと、自然と膝が胸に近づいていきます

半蓮華座の練習をして蓮華座を深めつつ、蓮華座を組んでからお腹を太ももに近づけるように前屈をする練習をすると良いでしょう。
バッダパドマーサナ〜ヨガムドラーの練習も、近い動きなので有効です。

≫バッダパドマーサナ・ヨガムドラー

≫蓮華座の練習法

シークエンス例

≫マツヤーサナ(パドママツヤーサナ)

アーサナ名の表記バリエーション

【日】ピンダーサナ、ピンダアーサナ、胎児のポーズ
【梵】Pindasana
【英】Embryo Pose

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な方の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。