少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× 記事を探す
ダイイングウォーリア 〜背骨周りの深い部分をツイスト〜

ダイイングウォーリア 〜背骨周りの深い部分をツイスト〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

重力を味方にして、首も含めて背骨全体をねじる陰ヨガポーズ

自重を使って、背骨周りの深い部分をツイストする陰ヨガポーズ。

柔軟性に合わせてボルスターなどを使って調整しながら深めていきましょう。

個人的には首を真横にねじる動きが気持ち良いですが、無理ない範囲で背骨をひとつひとつねじっていってください。

この記事の目次

ダイイングウォーリアの主な効果

  • 背骨の歪みを整える
  • 自律神経を整える
  • 骨盤の歪みを整える

ダイイングウォーリアの禁忌・注意点

腰(背骨・仙骨まわり)を痛めている人は、痛みのない範囲で行いましょう。

首のねじりも無理のない範囲で慎重に行ってください。

ボルスターなどを使って軽減しながら深めていきます。下記バリエーションも参考にしてください。

ダイイングウォーリアのやり方

1)正座の状態から片側のお尻を床に落とし、横座りになります。

2)両脚を「卍の形」になるように置きます。お尻をついている側の脚(下側)の膝を、できるだけ90度に近い角度に曲げ、お尻をついていない側(上側)の脚も膝を90度に曲げて、両太もも同士も90度の関係になるようにします。きつい場合は、両脚は90度よりも近い状態でもOKですし、膝はもっと曲がっていても構いません。

3)お尻の横の床方向へ(骨盤に対して90度の角度になるように)、胸・お腹をゆっくりおろしていきます。

4)可能であれば、頬を床につけて、顔を骨盤と逆方向へ向けて首を真横へねじる形にします。これで背骨全体がツイストされる形になります。きついようであれば顔は床向きでも構いません。腕はリラックスして横に置き、肘を90度に曲げておきます。3〜5分キープします。

5)吸いながら、首から順番にねじりをゆっくりほどきながら起き上がり、反対側も同様に行います。

バリエーション

  • 上側の脚の位置(骨盤の向き)によって、ねじり具合を調整できます。骨盤が床方向へをむいているほどねじりが弱く、横方向へ向いているほどねじりが強くなります。
  • 顔の向きは、骨盤と逆方向へ向けると最もねじりが強くなります。きつい場合は、下向きか、骨盤と同じ方向へ向ける形でも構いません。
  • お腹の下にボルスターを置く形も気持ち良いです。

関連する陽ヨガポーズ

  • アルダマツェンドラーサナのようなツイストポーズを深めるヒントになります。
  • ツイストの柔軟性が高まったら、筋力を使ってツイストするパリヴリッタトリコーナーサナなども行ってみましょう。

アルダマツェンドラーサナ

パリヴリッタトリコーナーサナ

アーサナ名の表記バリエーション

【日】ダイイングウォーリア
【梵】-
【英】Dying Warrior

ご質問・ご相談されたいことなどございましたらご連絡ください。
オンラインプライベートレッスンも行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な方の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。