オンライン個別レッスン サイトマップ
ティリャカターダーサナ(側屈したヤシの木のポーズ)の効果とやり方・図解

ティリャカターダーサナ(側屈したヤシの木のポーズ)の効果とやり方・図解

レベル:
★★★★★★★

星をタップ↑すると同レベルのポーズ一覧が見られます

正確に真横へ側屈を行えるように、注意深く全身を観察しながら行います

背骨・自律神経を整え、胃腸を活性化するのに効果的な立位側屈ポーズ、ティリャカ・ターダーサナ(側屈したヤシの木のポーズ)。ターダは「ヤシの木」、ティリャカは「横へ」などの意味。

この記事の目次

ティリャカターダーサナの主な効果

  • 胃腸の働きを活性化、便秘の改善
  • 背骨を整える
  • 姿勢改善、バランス感覚UP
  • 肩こり、腰痛の改善
  • 腹斜筋・腰方形筋など側屈に関する筋肉のストレッチ
  • 自律神経など背骨を通る神経の調整
  • 妊娠中の神経バランスの調整・ストレス緩和

ティリャカターダーサナの禁忌・注意点

バランスに不安のある場合は、壁のそばなどで行うようにします。

ティリャカターダーサナのやり方

1)足を肩幅より少し広い程度に離し、つま先は少し外へ向けます。両足に均等に重さがかかるように立ちます。

2)手の指を組んで、手のひらが上を向くようにひっくり返した状態にし、吸いながら腕を上へ伸ばします。目線はまっすぐ前を向いたままにします。

3)吐きながら、全身を真横へ側屈していきます。息を止めて、数秒間キープします。

4)吸いながら直立した状態にもどり、吐きながら逆側へ側屈します。

5)再び吸いながら直立した状態に戻ったら、吐きながら手をほどいて腕をおろします。

6)以上を1セットとして、5〜10セット行います。

ティリャカターダーサナを深める方向性

  • 部分的にではなく全身の体側に伸びを感じるように、綺麗なアーチを描けるようにしていく。
  • 前屈や後屈やねじりが加わらないように真横へ、より深く側屈できるようにしていく。

ティリャカターダーサナのコツ・練習法

まずしっかり姿勢良く立つ

足の間は肩幅より少し広めに開いて、両足に均等に重さをかけます。

立った状態で腰が反っていないかどうか、骨盤の向きを注意深く観察します。

前屈やねじりや後屈が加わらないように、真横へアーチを描いていく

ティリャカターダーサナは純粋な側屈を行うのが目的なので、体や顔が上や下へ向かないように、正面を向いたまま側屈をしていくようにします。

体側の伸びを感じながら、固まって取り残されている部分がないように観察しながら、全身が綺麗にアーチを描くようにしていきます。

アジャスト例(インストラクター向け)

  • 背中側に立つ。骨盤が前傾や後傾しすぎないように、骨盤の両側から軽く手で支える。前屈後屈ねじりが加わってしまっている場合は修正するようにサポートする。その後、自分で側屈の感覚を確かめるように促す。
  • 腕を伸ばす方向が前後へズレていたら、まっすぐ横へ向かっていくようにサポートする。
  • 脇腹など、アーチが足りていない部分があれば、軽くさするなどして気づきを向けさせる。

シークエンス例

≫ヴリクシャーサナ(木のポーズ)

≫ティリャカ・カティチャクラーサナ

アーサナ名の表記バリエーション

【日】ティリャカターダーサナ、ティリャカターダアーサナ、ティリャカタダーサナ、ティリャカタダアサナ、ティリャカ・ターダーサナ、ティリャカ・ターダアーサナ、ティリャカ・タダーサナ、ティリャカ・タダアサナ、側屈したヤシの木のポーズ
【梵】Tiryaka Tadasana
【英】Swaying Palm Tree Pose

男性ヨガインストラクター 高橋陽介の写真

高橋陽介

お読みいただきありがとうございます。知識を深めたい方には、オンラインプライベートレッスンを行っています。

オンラインレッスンの受け方

事前にLINE・メールで内容をご相談いただけます。

LINEのアイコン公式LINE  メールでお問い合わせ

※アーサナ難易度レベルは、今までお教えしてきた経験上の個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。

サイト内検索

コラムを探すページへ