オンライン個別レッスン 目的別メニュー
ティリャカブジャンガーサナ(ねじったコブラのポーズ)の効果とやり方・図解

ティリャカブジャンガーサナ(ねじったコブラのポーズ)の効果とやり方・図解

レベル:
★★★
★★★★★★★

星をタップ↑すると同レベルのポーズ一覧が見られます

浄化法にも用いられる、胃腸に良い刺激を与える後屈+ねじりポーズ

後屈にねじりを加えて、背骨の複合的な柔軟性を高める、ティリャカブジャンガーサナ(ねじったコブラのポーズ)。ティリャカは「対角線上に」「斜めに」「横へ」などの意味。

ブジャンガーサナ(コブラのポーズ)から、背骨をねじって反対側のかかとを見るようにするポーズです。

浄化法のシャンカプラクシャーナにも含まれるポーズで、胃腸・消化器系にとても効果的です。

この記事の目次

ティリャカブジャンガーサナの主な効果

  • 胃腸の働きを活性化、便秘の改善
  • 背骨を整える
  • 背筋の強化、腹斜筋のストレッチ
  • 自律神経など背骨を通る神経の調整
  • 生殖器系・泌尿器系の活性化
  • 肝臓・腎臓・副腎の活性化
  • 甲状腺の調整

ティリャカブジャンガーサナの禁忌・注意点

胃腸に潰瘍などの異常がある場合、腰を痛めている場合やヘルニアなどのある場合は、専門家の指示の元で慎重に行いましょう。

手・肘・肩などを痛めている場合は、他のねじりポーズ後屈ポーズに置き換えます。

ティリャカブジャンガーサナのやり方

1)うつぶせで寝て、手は胸の横あたりに置きます。背骨の柔軟性が足りない場合は、手の位置はさらに前方に移しても構いません。足は腰幅程度に離し、足首は曲げて、足の指はそらして、指の付け根で床を支えるようにしておきます。

2)吸いながら、背骨を反らしていきます。肘は、伸ばすか少しだけ曲げる程度にします。(コブラのポーズとは異なり、首は反らさない)

3)息を止めて、首と背骨をねじり、肩越しに反対側のかかとを見つめるようにしていきます。苦しくない程度に、キープします。

4)吐きながらうつぶせに戻り、同様にして逆側も行います。左右3〜5セットほど行います。

ティリャカブジャンガーサナを深める方向性

  • より高く反り、より深くねじれるようにしていく。
  • 力まないように、ねじった状態を長時間キープできるようにする。

ティリャカブジャンガーサナのコツ・練習法

まずしっかり後屈する

なるべく高く反れるようにしていきますが、もし胸が高く上がっていたとしても、へそが上がりすぎていると背骨が反れていないので、へそは床に近い位置にあり、背骨はアーチを描くように反ります。

脚を安定させて、ねじりを深める

足の指の付け根を床について、膝も床に安定させて、脚の土台をしっかりしておくと、背骨を動かしやすくなります。

「斜めに」という意識

「ティリャカ:斜めに」という言葉が表すように、後屈+ねじりで「斜め方向へ」の動きを行う意識をします。

斜めの腹筋(腹斜筋)のストレッチを感じるようにし、斜め後ろ方向の「逆側のかかと」を見るようにねじっていくようにします。

腹斜筋のストレッチが感じられない場合は、背骨のアーチがうまくつくれていないことがあるので、へそが高くあがりすぎないようにして背骨はアーチを描きながら胸が上がり、胸を横へ、顔を後ろへとねじっていくようにします。

アジャスト例(インストラクター向け)

  • 骨盤の両側を手で支え、背骨がアーチを描くように後屈するのをサポートするため、骨盤を後傾方向へ導くようにする。(前傾してしまうと、胸を持ち上げたときに骨盤ごと持ち上がってしまってアーチになりにくい)
  • 骨盤あたりをまたぐように中腰で立ち、肩を両手で支えて、背骨を反る動きとねじりの動きを軽くサポートする。

シークエンス例

≫ブジャンガーサナ

≫ダヌラーサナ

参考:ターダーサナが全然別のポーズでビックリした話

参考:シャンカプラクシャーナを行った、インドでの話

アーサナ名の表記バリエーション

【日】ティリャカブジャンガーサナ、ティリャカブジャンガアーサナ、ねじったコブラのポーズ
【梵】Tiryaka Bhujangasana
【英】Twisting Cobra Pose, Twisted Cobra Pose

男性ヨガインストラクター 高橋陽介の写真

高橋陽介

お読みいただきありがとうございます。より深めたい方には、オンラインプライベートレッスンを行っています。

料金:4,000円/30分(以降2,000円/15分)
ご予約:オンラインレッスンスケジュール

事前にLINE・メールで内容をご相談いただけます。

LINEのアイコン公式LINE  メールでお問い合わせ

※アーサナ難易度レベルは、今までお教えしてきた経験上の個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。

サイト内検索

コラムを探すページへ