少人数・プライベートレッスン ヨガ&ピラティス
中央区佃(月島・勝どき)・港区白金(白金高輪・広尾・麻布十番)

× アーサナ解説一覧
パールシュヴァブジャダンダーサナ(グラスホッパーポーズ)〜股関節・背骨をねじる柔軟性とバランス感覚〜

パールシュヴァブジャダンダーサナ(グラスホッパーポーズ)〜股関節・背骨をねじる柔軟性とバランス感覚〜

難易度:
★★★★★★★
★★★★★★★

安定した肩の上で、柔軟に自由に下半身を動かす

股関節外旋と背骨のツイストを組み合わせたアームバランスポーズ。体全体を調和させることで、バランス感覚を整えます。

パールシュヴァは「側面」、ブジャは「肩・腕」、ダンダは「杖」の意味。

この記事の目次

パールシュヴァブジャダンダーサナの主な効果

  • 前鋸筋強化・上腕三頭筋強化
  • 腹斜筋強化・くびれを作る(ツイスト)
  • 大腿四頭筋強化(伸ばした側の脚)
  • 股関節外旋の柔軟性UP(曲げた側の脚)
  • 肩周り・二の腕のシェイプアップ
  • バランス感覚・集中力UP

パールシュヴァブジャダンダーサナの禁忌・注意点

手首・肘・肩、背骨などを痛めている場合は避けましょう。

落下して怪我をしないように、下記のアーサナを十分に練習してからトライするようにしましょう。

≫サイドクロウ(パールシュヴァカカーサナ)

≫アグニスタンバーサナ(スクエア)

パールシュヴァブジャダンダーサナのやり方

1)立った状態から、右脚を挙げて膝を曲げ、股関節を外に回してくるぶしの下辺りが左太もも(膝の上辺り)にのるようにします。足首は90°に曲げた状態で、ピジョンの脚と同じ形です。

2)左脚を曲げて上体をかがめ、両手を床につきます。左足はつま先立ちにします。(この状態から、左かかとに骨盤底をのせて、両手を床から離して合掌したら、シヴァナンダヨガでパダングシュターサナと呼ばれるポーズになります。アシュタンガヨガのパダングシュターサナとは異なります。)

3)肘を少し曲げて、左足にかかっていた体重を両手のほうに移します(この時点では両手と左足で体を支えています)。腰から下を右へねじるようにして、骨盤を右へ向けていきます。右足が右腕の二の腕にあたるところまでねじります。

4)全体重を両手に移して左足を浮かせて、右足は二の腕を踏んでいる状態になります。

5)安定していたら、左脚をまっすぐ横方向へ伸ばしていきます。5呼吸ほどキープします。

6)伸ばしていた左脚を曲げて、左足をゆっくり着地させます。逆側も同様に行います。

パールシュヴァブジャダンダーサナを深める方向性

  • 肩は水平に保ちながらツイストを深め、骨盤が横を向くようにしていく。
  • 伸ばした脚は、なるべくまっすぐになるようにする。
  • 長時間キープできるようにする。

パールシュヴァブジャダンダーサナのコツ・練習法

腕・肩周りの安定

安定した腕・肩をつくっておかなければ、背骨を自由にツイストすることができません。

アームバランスの基本であるチャトランガダンダーサナカカーサナをまず練習しておきましょう。

肩周りは動かないように、重力に抵抗しながらツイスト

サイドクロウと同じように、腕〜肩のあたりは安定した状態で、骨盤を横へ向けていくようにツイストします。

ツイストの柔軟性としてはアルダマツェンドラーサナなどで高められますが、サイドクロウやグラスホッパーは重力がかかった状態でツイストする必要があり、腹斜筋の強さも必要です。これはパリヴリッタトリコーナーサナやピラティスのクリスクロスなどを練習することで高められます。

≫アルダマツェンドラーサナ

≫パリヴリッタ・トリコーナーサナ

≫クリスクロス

シークエンス例

≫アシュタヴァクラーサナ

≫サーランバシルシャーサナⅡ

アーサナ名の表記バリエーション

【日】パールシュヴァブジャダンダーサナ、パールシュバブジャダンダアーサナ、グラスホッパーポーズ
【梵】Parshva Bhuja Dandasana
【英】Grasshopper Pose, Dragonfly Pose

ご質問・ご相談されたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
レッスンは中央区佃(月島)・港区白金で行っております。

LINE@でのご質問などはこちらから

≫スタジオ概要 ≫スケジュール ≫料金

※アーサナ難易度は、苦手な方の数などを見てきた中での個人的な評価です。ご参考程度に。

※記事内容は執筆当時の情報・見解によるもので、現時点では有効でない場合がございます。

※記事内容を参考にされて生じたトラブルなどについては、自己責任にてお願いいたします。